捨てられた召喚士は人外に寵愛され過ぎている

辺境伯爵子息のアルトは召喚士でありながら魔獣を服従することができない出来損だった。
召喚できるのも低級魔獣のみで、パーティーリーダーには婚約者を奪われ虐げられていた。
ある日、リーダーと仲間に騙される形で魔獣の生贄にされ捨てられてしまう。

「お前は真の仲間じゃない!せめて最後ぐらい役に立て!」

アルトは追剥のように杖も使い魔も奪われ、危険なダンジョンに捨てられてしまうのだが、ドワーフに救われる。

一方、アルトを捨てダンジョンを攻略したと思っていたはずのパーティーメンバーだったが、契約していた精霊が暴走してしまい、これまで順調だった彼等は窮地に追い込まれてしまう。
何故なら、アルトは今まで精霊を服従させることなく心を通わせていたからだった。

一方、優しいドワーフに保護されたアルトはドワーフの為にお酒を求めて森を散策していた。

そこで一人の少女で出会うのだった。

24hポイント 482pt
小説 2,474 位 / 100,210件 恋愛 1,288 位 / 27,980件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

悪役と呼ばれる推しを幸せにするために応援します!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:106pt お気に入り:141

婚約破棄致しましょう

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:83554pt お気に入り:7881

幼馴染と仲良くし過ぎている婚約者とは婚約破棄したい!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:138784pt お気に入り:4826

婚約破棄ですか……。……あの、契約書類は読みましたか?

恋愛 / 完結 24h.ポイント:156066pt お気に入り:1791

浮気中の婚約者が私には塩対応なので塩対応返しすることにした

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:127616pt お気に入り:5635