ユウ

ユウ

一応成人しています。福祉業界で働きながら隠れオタクです!
26 12
恋愛 連載中 長編
侯爵令嬢のシェリラは王子の婚約者として常に厳しい教育を受けていた。 五歳の頃から厳しい淑女教育を受け、少しでもできなければ罵倒を浴びせられていたが、すぐ下の妹は母親に甘やかされ少しでも妹の機嫌をそこなわせれば母親から責められ使用人にも冷たくされていた。 優秀でなくては。 完璧ではなくてはと自分に厳しくするあまり完璧すぎて氷の令嬢と言われ。 望まれた通りに振舞えば婚約者に距離を置かれ、不名誉な噂の為婚約者から外され王都から追放の後に修道女に向かう途中事故で亡くなるはず…だったが。 気がつくと婚約する前に逆行していた。 愛してくれない婚約者、罵倒を浴びせる母に期待をするのを辞めたシェリアは本当に愛してくれた人の為に戦う事を誓うのだった。
24hポイント 143,685pt
小説 4 位 / 144,101件 恋愛 4 位 / 45,021件
文字数 59,141 最終更新日 2022.07.01 登録日 2022.05.11
恋愛 連載中 長編
辺境地に住まう伯爵令嬢のメアリ。 婚約者は幼馴染で聖騎士、親友は魔術師で優れた能力を持つていた。 対するメアリは魔力が低く治癒師だったが二人が大好きだったが、戦場から帰還したある日婚約者に別れを告げられる。 相手は幼少期から慕っていた親友だった。 彼は優しくて誠実な人で親友も優しく思いやりのある人。 だから婚約解消を受け入れようと思ったが、学園内では愛する二人を苦しめる悪女のように噂を流され別れた後も悪役令嬢としての噂を流されてしまう 学園にも居場所がなくなった後、悲しみに暮れる中。 一人の少年に手を差し伸べられる。 その人物は光の魔力を持つ剣帝だった。 一方、学園で真実の愛を貫き何もかも捨てた二人だったが、綻びが生じ始める。 聖騎士のスキルを失う元婚約者と、魔力が渇望し始めた親友が窮地にたたされるのだが… タイトル変更しました。
24hポイント 65,328pt
小説 29 位 / 144,101件 恋愛 27 位 / 45,021件
文字数 61,373 最終更新日 2022.07.01 登録日 2022.05.14
恋愛 連載中 長編
「君には失望した!聖女を虐げるとは!」 侯爵令嬢のオンディーヌは宮廷楽団に所属する歌姫だった。 しかしある日聖女を虐げたという瞬間が流れてしまい、断罪されてしまう。 全ては仕組まれた冤罪だった。 聖女を愛する婚約者や私を邪魔だと思う者達の。 幼い頃からの幼馴染も、友人も目の敵で睨みつけ私は公衆の面前で婚約破棄を突きつけられ家からも勘当されてしまったオンディーヌだったが… 「やっと自由になれたぞ!」 実に前向きなオンディーヌは転生者で何時か追い出された時の為に準備をしていたのだ。 貴族の生活に憔悴してので追放万々歳と思う最中、老婆の森に身を寄せることになるのだった。 一方王都では王女の逆鱗に触れ冤罪だった事が明らかになる。 すぐに連れ戻すように命を受けるも、既に王都にはおらず偽りの断罪をした者達はさらなる報いを受けることになるのだった。
24hポイント 45,547pt
小説 46 位 / 144,101件 恋愛 37 位 / 45,021件
文字数 46,295 最終更新日 2022.07.01 登録日 2022.05.25
恋愛 完結 長編
伯爵令嬢ジゼルはある騒動に巻き込まれとばっちりに合いそうな下級生を庇って大怪我を負ってしまう。 学園内での大事件となり、体に傷を負った事で婚約者にも捨てられ、学園にも居場所がなくなった事で悲しみに暮れる…。 「好都合だわ。これでお役御免だわ」 ――…はずもなかった。          婚約者は他の女性にお熱で、死にかけた婚約者に一切の関心もなく、学園では派閥争いをしており正直どうでも良かった。 大切なのは兄と伯爵家だった。 何かも失ったジゼルだったが隣国の王太子殿下に何故か好意をもたれてしまい波紋を呼んでしまうのだった。
24hポイント 5,170pt
小説 368 位 / 144,101件 恋愛 169 位 / 45,021件
文字数 80,602 最終更新日 2022.06.11 登録日 2022.04.01
トリアノン公爵令嬢のエリーゼは秀でた才能もなく凡庸な令嬢だった。 反対に次女のマリアンヌは社交界の華で、弟のハイネは公爵家の跡継ぎとして期待されていた。 嫁ぎ先も決まらず公爵家のお荷物と言われていた最中ようやく第一王子との婚約がまとまり、その後に妹のマリアンヌの婚約が決まるも、相手はスチュアート伯爵家からだった。 華麗なる一族とまで呼ばれる一族であるが相手は伯爵家。 マリアンヌは格下に嫁ぐなんて論外だと我儘を言い、エリーゼが身代わりに嫁ぐことになった。 しかしその数か月後、妹から婚約者を寝取り略奪した最低な姉という噂が流れだしてしまい、社交界では爪はじきに合うも。 伯爵家はエリーゼを溺愛していた。 その一方でこれまで姉を踏み台にしていたマリアンヌは何をしても上手く行かず義妹とも折り合いが悪く苛立ちを抱えていた。 なのに、伯爵家で大事にされている姉を見て激怒する。 「お姉様は不幸がお似合いよ…何で幸せそうにしているのよ!」 本性を露わにして姉の幸福を妬むのだが――。
24hポイント 3,635pt
小説 485 位 / 144,101件 ファンタジー 139 位 / 34,661件
文字数 342,293 最終更新日 2022.05.31 登録日 2021.08.27
恋愛 連載中 長編
宮廷料理人を祖父に持ち。 下町で飲食店を営むリーシエは料理好きな平凡な少女だった。 ある日、幼馴染で親友のアリーシャがとんでもない告白を受ける。 それはこの世界が乙女ゲームで自分がヒロインである事だった リーシェはモブでしかない事を語られるも、アリーシャの暴走を軌道修正を行うも、フラグを立たせてしまい、攻略対象の一人に好意を持たれてしまった。 その所為で自称悪役令嬢に… 「貴女が自称ヒロインね!」 勘違いをされてしまう。 リーシェはただ料理をしたいだけなのに思うわぬ方向に進んでしまうのだった。 タイトルを変更しました。
24hポイント 1,313pt
小説 1,142 位 / 144,101件 恋愛 542 位 / 45,021件
文字数 22,675 最終更新日 2022.05.28 登録日 2022.05.19
恋愛 連載中 長編
執事喫茶で執事として働く蒼真理人はある日おかしな光に吸い込まれる。 そして気づくと知らない場所にいた。 偶然にも男に襲われかけている少女を救った事により勘違いが始まる。 執事のお仕事はお嬢様を笑顔に!をモットーな理人はお嬢様を幸福にするべく奔走した後に侯爵家に婿養子として望まれてしまう。 互いに愛を育み婚約発表をして三か月後。 「俺はそいつの夫だ!愛人風情が!」 最愛のお嬢様であり妻の夫と名乗る野蛮な男が現れるのだった。 本人は貴公子を名乗るのだった。
24hポイント 1,192pt
小説 1,257 位 / 144,101件 恋愛 600 位 / 45,021件
文字数 10,498 最終更新日 2022.05.27 登録日 2022.05.23
恋愛 完結 長編
侯爵令嬢のアリスティアは婚約者に真実の愛を見つけたと告白され婚約を解消を求められる。 恋する相手は平民であり、正反対の可憐な美少女だった。 アリスティアには拒否権など無く、了承するのだが。 側近を婚約者に命じ、あげくの果てにはその少女を侯爵家の養女にするとまで言われてしまい、大切な家族まで侮辱され耐え切れずに修道院に入る事を決意したのだが…。 「ならば俺と永遠の愛を誓ってくれ」 意外な人物に結婚を申し込まれてしまう。 一方真実の愛を見つけた婚約者のティエゴだったが、思い込みの激しさからとんでもない誤解をしてしまうのだった。
24hポイント 2,634pt
小説 636 位 / 144,101件 恋愛 285 位 / 45,021件
文字数 150,377 最終更新日 2022.05.20 登録日 2022.01.11
常にトラブルに巻き込まれる高校生の相馬紫苑。 ある日学校帰り手違いとして聖女と間違えて召喚されててしまった。 攻撃魔法が全くなく役立たずの烙印を押され追い出された後に魔物の森に捨てられると言う理不尽な目に合ったのだが、実は大賢者だった。 魔族、精霊族ですら敬意を持つと言われる職業だった。 しかしそんなことも知らずに魔力を垂流し、偶然怪我をした少女を救った事で事態は急変した。 一方、紫苑を追い出した国は隣国の姫君を人質にすべく圧力をかけようとしていたのだが…。
24hポイント 454pt
小説 2,932 位 / 144,101件 ファンタジー 626 位 / 34,661件
文字数 11,817 最終更新日 2022.05.17 登録日 2022.05.13
恋愛 連載中 長編
家事に育児に義祖父母の介護。 日々の忙しさに追われながらもその日、その日を必死に生きて来た。 けれど、その裏で夫は他所に女を作り。 離婚を突きつけられ追い出されそうになったが、娘の親権だけは得ることができたので早々に家を出て二人暮らしを始めた。 ママ友が営む服飾店で働きながらも充実した日々を過ごしながらも、なんとか生活が成り立っていた。 そんなある日、別れた夫の姑が恐ろしい形相で乗り込んで来た。 背後には元夫の実家の顧問弁護士も一緒で、私は娘を奪われるのだと覚悟をしたのだったが…。
24hポイント 504pt
小説 2,681 位 / 144,101件 恋愛 1,294 位 / 45,021件
文字数 91,573 最終更新日 2022.04.10 登録日 2022.01.26
恋愛 連載中 長編
前世で婚約破棄を宣告され、転生後も婚約破棄を宣告されたレティシアは二度の婚約破棄を受ける。 しかも転生後は亡き父からの遺産全てを奪われてしまった。 何もかも奪われ、なすすべもなく泣き寝入りする。 ――はずもなかった。 何故なら彼女は前世ではバリバリのキャリアウーマンだった。 とにかく仕事命だったことで婚約者を友人に寝取られるも、仕事に生きる女だった。 恐ろしいまでに優秀な彼女は父の残してくれた遺産が取り返せないなら貰う物は貰おうと考え、とある商会の扉を抜けた。 それが転機の始まりだった。 大商会の主、ケネシー・アスガルトはお金を数えるのが大好きな今をときめく伯爵に見初められ二人は結婚をすることに。 結婚後、一男一女にを設けた後にある少女との出会いでこの世界が前世で自信が制作に携わったゲームの世界である事を知る事になる。 そんな中、元婚約者に遭遇し。 「過去の事は水に流してあげるからお互いやり直そう」 ふざけた事を言われてしまう。 既に人妻、子持ちなのでありえないのだが。 本人よりも旦那様が激おこだった。 元婚約者は人の話を聞かず自分のいいように解釈し、復縁を迫る始末。 あげくに学園内で起きている問題に巻き込まれ、ある集団に暴行を受けてしまうのだった。 その結果、旦那様はブチ切れてしまい暴走してしまうのだった。
24hポイント 376pt
小説 3,466 位 / 144,101件 恋愛 1,659 位 / 45,021件
文字数 59,563 最終更新日 2022.02.07 登録日 2022.01.03
恋愛 完結 長編
辺境伯爵次男のユーリには婚約者がいた。 侯爵令嬢の次女アイリスは才女と謡われる努力家で可愛い幼馴染であり、幼少の頃に婚約する事が決まっていた。 そんなある日、長女の婚約話が破談となり、そこで婚約者の入れ替えを命じられてしまうのだったが、婚約お披露目の場で姉との婚約破棄宣言をして、実家からも勘当され国外追放の身となる。 「国外追放となってもアイリス以外は要りません」 国王両陛下がいる中で堂々と婚約破棄宣言をして、アイリスを抱き寄せる。 両家から勘当された二人はそのまま国外追放となりながらも二人は真実の愛を貫き駆け落ちした二人だったが、その背後には意外な人物がいた
24hポイント 795pt
小説 1,773 位 / 144,101件 恋愛 852 位 / 45,021件
文字数 110,583 最終更新日 2022.01.30 登録日 2021.11.09
恋愛 連載中 長編
「ソフィア、君との婚約を破棄する。君に聖女の器はない!」 守りの聖女のソフィアは婚約者に公の場で婚約破棄を告げられる。 魔王討伐時に結界を維持し祈りを捧げていたが婚約者により安全な場所でただ祈っていただけだと詰られる。 守りだけの聖女に意味はない。 聖女の称号も返上すべきだと言われる中、傍に笑みを浮かべるのは真の聖女と名乗る少女だった。 彼女はソフィアを嘲笑い、さらに追放を目論むも。 その場颯爽と現れるのは真の勇者だった。 「ならばこの私の妻になってくださいソフィア様」 平民であるが、身目麗しく。 洗練された仕草で愛を囁き、視線は二人に向けられる。 ソフィアを断罪し晒し者にしようとしていたはずが何時の間にか立場大逆転。 国王陛下も勇者に魔王討伐を終えた後に一つだけどんな願いも叶えると約束していたのだ。
24hポイント 284pt
小説 4,520 位 / 144,101件 恋愛 2,110 位 / 45,021件
文字数 43,054 最終更新日 2021.12.11 登録日 2021.11.04
恋愛 完結 長編
公爵令嬢のアドリアーナは血筋だけは国一番であるが平凡な令嬢だった。 魔力はなく、スキルは縫合という地味な物だった。 優しい父に優しい兄がいて幸せだった。 ただ一つの悩みごとは婚約者には愛する人がいることを知らされる。 世間では二人のロマンスが涙を誘い、アドリア―ナは悪役令嬢として噂を流されてしまう。 婚約者で幼馴染でもあるエイミールには友人以上の感情はないので潔く身を引く事を宣言するも激怒した第一皇女が王宮に召し上げ傍付きに命じるようになる。 公爵令嬢が侍女をするなど前代未聞と思いきや、アドリア―ナにとっては楽園だった。 幼い頃から皇女殿下の侍女になるのが夢だったからだ。 皇女殿下の紹介で素敵な友人を紹介され幸せな日々を送る最中、婚約者のエイミールが乗り込んで来るのだったが…。
24hポイント 3,755pt
小説 473 位 / 144,101件 恋愛 209 位 / 45,021件
文字数 192,512 最終更新日 2021.11.16 登録日 2021.07.11
恋愛 完結 長編
辺境伯爵令嬢のリリアーナ・アンシーは社交界でも醜い容姿故にアザラシ姫と呼ばれていた。 そんな折、敵対する竜の国との平和条約の為に生贄を差し出すことになった。 その相手は純白の聖女と呼ばれるサンドラだったが国の聖女を差し出すわけにも行かず、リリアーナが身代わりを務めることになった。 辺境伯爵令嬢ならば国の為に働くべきだと泣く泣く苦渋の選択をした婚約者だったが体よくリリアーナを国から追い出し、始末する魂胆が丸見えだった。 王も苦渋の選択だったがリリアーナはある条件を付け了承したのだ。 そして決死の覚悟で敵国に迎えられたはずが。 「君が僕のお嫁さんかい?とりあえず僕の手料理を食べてくれないかな」 暗黒竜と恐れられた竜皇帝陛下は何故か料理を振る舞い始めた。 「なるほどコロコロ太らせて食べるのか」 頓珍漢な勘違いをしたリリアーナは殺されるまで美味しい物を食べようと誓ったのだが、何故か食べられる気配はなかった。 その頃祖国では、聖女が結界を敷くことができなくなり危機的状況になっていた。 世界樹も聖女を拒絶し、サンドラは聖女の地位を剥奪されそうになっていたのだった…
24hポイント 795pt
小説 1,773 位 / 144,101件 恋愛 852 位 / 45,021件
文字数 142,773 最終更新日 2021.11.11 登録日 2021.07.24
恋愛 完結 長編
ルイス・フェンネルは平凡でありながら温和で心優しい青年だった。 家族をこよなく愛し、領地の特産物でもある薬草を育てることに精を出していた。 ただ目下の悩みは婚約者のマリエルとの関係だった。 長男でありながら、婿養子に迎えられる立場故に、我儘で横暴なマリエルには困り果てていた。 「本当に無能な男、こんな男と結婚しなくてはいけないんてなんて不幸なの!」 そんな中、マリエルに婚約破棄を告げられ伯爵家から追い出されてしまうのだが――。 「誰の邪魔にならないように静かに暮らそう」 婚約破棄を甘んじて受けようとしたルイスだったが、リディア王女殿下に見初められてしまう。 しかもリディア王女殿下は、第一王位継承権を持っており、次期女王陛下となることが決まっていた。 婚約破棄をされ追放されたはずが、いきなり王配となるのだが、マリエルが王宮に乗り込んで来てしまう。
24hポイント 440pt
小説 3,008 位 / 144,101件 恋愛 1,437 位 / 45,021件
文字数 104,896 最終更新日 2021.08.25 登録日 2021.06.12
恋愛 完結 長編
侯爵家には正反対の姉妹がいた。 気真面目で優秀な姉と活発で愛想の良い妹。 二人は何もかも正反対だった。 姉のコーデリアは侯爵家の血筋を引き継ぐ本物のお姫様で、妹のリリーは平民である母を持つ。 二人の関係は水と油で、世間ではコーデリアがリリーを苛めていると噂をし、婚約者もコーデリアとの婚約を破棄し、リリーとの婚約を望んだ。 そしてパーティーにて。 「コーデリア、君のような悪女とは婚約できない!この場で婚約破棄をする!」 王族や隣国の貴賓が参加する場でとんでもない事を告げてしまったが、これは仕組まれた事だった。 コーデリアを疎む父に侯爵家を乗っ取ろうとする義母と優秀なコーデリアを妬む婚約者のリーンハルトが仕組んだ事だった。 しかし予想できない事態になる。 「私はリリーと婚約を結ぶ」 声高らかに告げようとしたのだが… 「お断りしますわ!こんなストーキングでナルシスト男なんて願い下げです!」 大勢の前で姉の婚約者を罵倒し挙句の果ては両親を糾弾して姉の手を取り国を出てしまう。 残された両親と婚約者は唖然と立ち尽くすのだが、事態はそれだけ収まらなかった。
24hポイント 241pt
小説 5,249 位 / 144,101件 恋愛 2,420 位 / 45,021件
文字数 41,466 最終更新日 2021.07.12 登録日 2021.06.19
恋愛 完結 長編
姉の婚約破棄により、公爵家だった我が家は衰退の一途をたどり。 嫉妬に狂った姉は壊れて行った。 世間では悪役令嬢として噂を流されてしまう。 どうしてこうなってしまったのだろうか。 姉はただ愛を望んだだけだったのに、そんなことを想いながらマリーは目を覚ますと体が小さくなっていた。 二度目の人生を終えて新たな転生を果たしたと思ったら何故か再び転生して、悪役令嬢の妹として転生するのだが…何故か姉のポジションになり私は誓った。 こうなったら私が悪役令嬢になって私が姉と家族を守ろうと誓ったが… 悪役令嬢ってどうしたらいいんだけっけ? 間違った方向に努力を続けたら、冷たい婚約者は何故か優しく微笑んで来たり、ライバル令嬢も何故か優しくしてくれる。 「あれ?おかしくね?」 自称悪役令嬢の奮闘劇が始まる!
24hポイント 681pt
小説 2,037 位 / 144,101件 恋愛 975 位 / 45,021件
文字数 189,559 最終更新日 2021.06.26 登録日 2021.01.12
恋愛 完結 長編
子爵家令嬢フレデリカは下級貴族出身でありながらも芸術に精通し政治が語れ、詩が読める優秀な令嬢だった。 しかし、社交界では保守的な男性からは疎まれていた。 男尊女卑が未だに根強い国では、女性が学問や政治に興味を持つ事ははしたないとされていたからだった。 特にフレデリカの婚約者のローガスは事あるごとに蔑んだ目を向け、親友の妹のアマンダと比較をしては蔑んで来た。 「淑女が学問をするなどはしたない。少しはアマンダを見習ったらどうだ」 男爵令嬢のアマンダは妖艶な容姿で社交界では有名だった。 対するフレデリカは社交界で地味令嬢と言われ馬鹿にされていた。 「お前さえいなければ俺はこんな惨めな思いをする必要はなかったんだ!」 事あるごとに自分は犠牲になったとフレデリカを責めるローガスについに耐え切れなくなったフレデリカは婚約解消を考えていた矢先、王命により婚約が解消されると告げられた。 ローガスは両手を上げて喜んだのだが、婚約解消には裏があることを知らなかった。
24hポイント 489pt
小説 2,735 位 / 144,101件 恋愛 1,317 位 / 45,021件
文字数 71,063 最終更新日 2021.06.13 登録日 2021.04.29
恋愛 完結 長編
伯爵令嬢のオリヴィアは平凡な令嬢だった。 社交界の華及ばれる姉と、国内でも随一の魔力を持つ妹を持つ。 対するオリヴィアは魔力は低く、容姿も平々凡々だった。 それでも家族を心から愛する優しい少女だったが、家族は常に姉を最優先にして、蔑ろにされ続けていた。 けれど、長女であり、第一王子殿下の婚約者である姉が特別視されるのは当然だと思っていた。 …ある大事件が起きるまで。 姉がある日突然婚約者に婚約破棄を告げられてしまったことにより、姉のマリアナを守るようになり、婚約者までもマリアナを優先するようになる。 両親や婚約者は傷心の姉の為ならば当然だと言う様に、蔑ろにするも耐え続けるが最中。 姉の婚約者を奪った噂の悪女と出会ってしまう。 しかしその少女は噂のような悪女ではなく… *** タイトルを変更しました。 指摘を下さった皆さん、ありがとうございます。
24hポイント 1,185pt
小説 1,269 位 / 144,101件 恋愛 604 位 / 45,021件
文字数 155,532 最終更新日 2021.05.13 登録日 2021.01.06
26 12