あなたが、王太子になれたのは、私のおかげだったみたい。でも、婚約破棄されるんでしたら、しかたありませんね。ただの王子に戻ってください。

まぁ、王子どころか廃太子になりそうですけど。
それは、覚悟のうちでしたよね?


百年の恋も冷める瞬間とは、いったいどんな瞬間でしょうか。
私の場合は、婚約者と知らない女が、裸で寝ているところを見た瞬間でしょうか。

私の名前は、ナターシャ・アウルムメタール。
国を支える御三家の一つ、アウルムメタール侯爵家の娘。
ダイヤモンド鉱山や金鉱を持った我が一族は、莫大な富を有しております。

婚約者に朝食をともにしようと、誘われたのはいいのですが、いつまで経っても、朝食の席に現れない婚約者にしびれを切らして、部屋に入ってみれば、裸で寝ている婚約者と男爵令嬢の姿がありました。
このまま叫んで、婚約破棄を訴えても良いのですが、さすがに王太子ともあろうお方。
そんなことをすれば、王族の支持率が、爆下がりしてしまうことでしょう。

そんなわけで、私は、穏便に事を済ませようと、浮気の証拠を集めて、陛下に突きつけ、婚約解消をしてもらおうと、コツコツ証拠集めに精を出しておりました。
そんな時、留学していた隣国から、第2王子が帰ってこられました。

それは良いのですが、建国記念祭のパーティの日、なんと私は王太子に婚約破棄をされてしまいます。
呆然とする私の上を舞うのは、コツコツと集めてきた浮気の証拠写真。
踊るスキャンダル。
暴落する王族支持率。

結局、王太子は、廃太子になり、借金と浮気女を両手に抱えて、平民の生活を送ることになったしまったようです。
だから、穏便に済ませてあげようと思いましたのに。
24hポイント 461pt
小説 3,455 位 / 143,690件 恋愛 1,691 位 / 44,810件