ストーカーさんと私の恥ずかしくて誰にも言えない関係

お隣の山口さんはブランド物のスーツと眼鏡が似合う素敵なおじ様。その実この6年、毎朝駅まで私の後ろを付いくるぷちストーカーさんだ。
その山口さんが突然家から出てこなくなっちゃった。まさか死んでたりしてないよね?
私はわざわざ有給まで取ってお隣を『覗き』に行くのだった。

ちょっと訳アリな二人の恋愛物語です。
R18回には★付けてあります。
完結しました。
一部お話を時系列順に入れ替えました。
これに伴いバレンタインデーのお話は一部加筆されています。
恋愛小説大賞に沢山のご投票ありがとうございました。
2018年3月3日:ツイッターさんのお題箱で頂いたお題『やさしい嘘だと知っていました』で作りましたSSを『番外編:日常事情 ~お正月~』の後書きに画像で貼らせていただきました。
24hポイント 71pt
小説 9,222 位 / 99,492件 恋愛 4,260 位 / 27,691件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

ワガママ放題の妹、婚約者の座を奪い取るも……

恋愛 / 完結 24h.ポイント:19867pt お気に入り:61

魔王さまと生け贄の聖女

恋愛 / 完結 24h.ポイント:21pt お気に入り:68

利己的な聖人候補~とりあえず異世界でワガママさせてもらいます

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:16748pt お気に入り:11200

煮物屋さんの暖かくて優しい食卓

ライト文芸 / 連載中 24h.ポイント:2470pt お気に入り:213