光の狭間と境界線

 石随 陽向(いしずい ひなた)は現在高校2年生。
 中学2年生の時に交通事故に遭い、それ以前の記憶をほとんど無くした。

 そんな中、同級生、香藤 愛晴(かとう いとは)からとても明るく接しられる。

 誰とも関わりたくない。
 だって、記憶をほとんど失っても、誰かを傷つけたような気がしてたまらないから。
24hポイント 0pt
小説 101,376 位 / 101,376件 現代文学 5,275 位 / 5,275件