それだけを望む

天才としての業績を積み上げる少女の望みを叶えられるのは、1人の少年だった。彼女を忌避した少年は、見えていたはずのものから目を逸らす。それを、後悔することになるとも知らず……。

※小説家になろう様でも投稿しております。
24hポイント 0pt
小説 41,055 位 / 41,055件 現代文学 1,390 位 / 1,390件