シンデレラなんて嘘っぱち

 私の名はアリス。伯爵令嬢だ。今年で15歳になる。

 10歳の時に実の母親を亡くした。悲しかった。かなり落ち込んだ。母にぞっこんだった父の嘆き様はもっと酷かった。このまま廃人になってしまうのではないかと思う程に。

 私の容姿は亡くなった母にそっくりの銀髪に碧い目。自分で言うのもなんだが、かなりイケてると思う。そんな私を見て亡くなった母を思い出すのが辛いのか、やがて父は私と顔を合わすのを避けるようになった。

 寂しかった。一番辛い時期に側に居てくれなかった。裏切られたと思った。落ち込み...はしなかった。生前の母が揃えてくれた使用人達が、親身になって私に寄り添ってくれたからだ。

 嬉しかった。本当の家族のようだと思った。特に私の担当侍女のサラとは、3歳違いで歳が近かったせいもあり、本当の姉妹のような関係になった。私も姉のように慕っていた。

 そんな生活が4年続き、来年からは王都にある貴族の子女が通う学園に入学するという頃、

 いきなりあの二人が家にやって来た。



 
24hポイント 28pt
小説 16,854 位 / 121,893件 恋愛 7,162 位 / 34,289件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!