王妃候補に選ばれましたが、全く興味の無い私は野次馬に徹しようと思います

 ここセントール王国には一風変わった習慣がある。

 それは王太子の婚約者、ひいては未来の王妃となるべく女性を決める際、何人かの選ばれし令嬢達を一同に集めて合宿のようなものを行い、合宿中の振る舞いや人間関係に対する対応などを見極めて判断を下すというものである。

 要は選考試験のようなものだが、かといってこれといった課題を出されるという訳では無い。あくまでも令嬢達の普段の行動を観察し、記録し、判定を下すというシステムになっている。

 そんな選ばれた令嬢達が集まる中、一人だけ場違いな令嬢が居た。彼女は他の候補者達の観察に徹しているのだ。どうしてそんなことをしているのかと尋ねられたその令嬢は、

「お構い無く。私は王妃の座なんか微塵も興味有りませんので。ここには野次馬として来ました」

 と言い放ったのだった。

 少し長くなって来たので短編から長編に変更しました。
24hポイント 1,988pt
小説 841 位 / 139,926件 恋愛 392 位 / 43,199件