主人の命令で王女に変装して舞踏会に出たら、片思いしてた英雄様に告白されました。ごめんなさい私ホントはただの侍女なんです!

「私は魔王の娘、フリージア・ドゥ・ディアボロ。 魔国の第一王女である私は魔王陛下のエスコートで夜会に参加していた。陛下と別れた私は有力な貴族たちとの交遊に勤しんでいたところアキレス・シビリカ男爵に声をかけられる。 彼は卑劣な侵略者である勇者を撃退した救国の英雄…… 密かに彼へ想いを寄せていた私は誘いを受けて二人でテラスで涼む。 そこでシビリカ卿が私に告白し、ゲームを提案してきたのですが……」 告白に複雑な想いを抱く王女……だけど本当の彼女は――王女ではなく、ただの侍女セラ・テランだった!? セラとフリージアとアキレスの三角関係やいかに!
24h.ポイント 0pt
6
小説 187,384 位 / 187,384件 恋愛 56,780 位 / 56,780件

あなたにおすすめの小説

剣の聖女はモブに乗っ取られました~婚約破棄されましたが・・・悪役令嬢ルートなんてありましたっけ?~

古芭白あきら
恋愛
 乙女ゲーム『剣の乙女のエンゲージ』のヒロインの座をモブに奪われてしまった!  しかもこの転生者はにわかプレイヤーらしく、後日談のファンディスクをプレイしていないみたい。このまま本物の剣の聖女が不在だと異形の王が復活して世界は大変なことになっちゃうのに!  悪役令嬢に転生した私は説得を試みたけど、ぜんぜん聞く耳を持ってくれないの。攻略された婚約者達までもが絡んでゲーム設定はめちゃくちゃだし! 「私はレイピア・ツヴァイハイダーとの婚約を破棄する!」  婚約破棄?  もう好きにすれば!  キレた私は全てを放り出した。  これからは真のヒロインを溺愛してイチャイチャ生活を謳歌してやるんだから!

茶番には付き合っていられません

わらびもち
恋愛
私の婚約者の隣には何故かいつも同じ女性がいる。 婚約者の交流茶会にも彼女を同席させ仲睦まじく過ごす。 これではまるで私の方が邪魔者だ。 苦言を呈しようものなら彼は目を吊り上げて罵倒する。 どうして婚約者同士の交流にわざわざ部外者を連れてくるのか。 彼が何をしたいのかさっぱり分からない。 もうこんな茶番に付き合っていられない。 そんなにその女性を傍に置きたいのなら好きにすればいいわ。

何を優先にするべきか、よく考えた方がいい

藍田ひびき
恋愛
「エドガール・ヴィトリー伯爵令息。貴方は本当に、自分に何も非がないと思っていらっしゃるのですか?」 クラヴェル伯爵家へ突然訪れた、ブランシュの元婚約者エドガール。 何故婚約を解消されたのか理解せず喚きたてるエドガールへ、ブランシュの姉カロリーヌはひとつひとつ彼の愚行を指摘していく――。 ※ エピソードごとに視点が変わります。 ※ なろうにも投稿しています。

隣の奥さんと

犬童 幕
大衆娯楽
隣の奥さんとの事

ガネス公爵令嬢の変身

くびのほきょう
恋愛
1年前に現れたお父様と同じ赤い目をした美しいご令嬢。その令嬢に夢中な幼なじみの王子様に恋をしていたのだと気づいた公爵令嬢のお話。 ※「小説家になろう」へも投稿しています

お姉様は嘘つきです! ~信じてくれない毒親に期待するのをやめて、私は新しい場所で生きていく! と思ったら、黒の王太子様がお呼びです?

朱音ゆうひ
恋愛
男爵家の令嬢アリシアは、姉ルーミアに「悪魔憑き」のレッテルをはられて家を追い出されようとしていた。 何を言っても信じてくれない毒親には、もう期待しない。私は家族のいない新しい場所で生きていく!   と思ったら、黒の王太子様からの招待状が届いたのだけど? 別サイトにも投稿してます(https://ncode.syosetu.com/n0606ip/)

【コミカライズ進行中】三股かけられていたので次にいこうと思います。

櫻野くるみ
恋愛
前世の記憶が戻ったばかりの伯爵令嬢リリーシュは、予期せぬ修羅場に巻き込まれていた。 どうやら恋人だと思っていた騎士のアンディには、他に本命がいたらしい。 しかも正確には三股で、自分は三股の三番目だった……。 ショックよりも呆れてしまい、あっさりと未練を断ち切ったリリーシュの前に現れたもう一人の騎士。 そして、追加で新たな前世の記憶も蘇ったのだが。 あれ? 私、前世でも三股の三番目だった? 自分の鈍感さとチョロさ、見る目の無さに呆れつつも、前を向くリリーシュには次の幸せが訪れるのだった。 気持ちを切り替えたリリーシュに、新しい恋人が出来るお話。 主人公がドライな性格なので、シリアスにはならずにコメディ寄りです。 完結しました。 小説家になろう様にも投稿しています。 コミカライズ進行中。 とっても楽しみです。

溺愛?何それ美味しいの?と婚約者に聞いたところ、食べに連れて行ってもらえることになりました

廻り
恋愛
勉強にしか興味がない男爵令嬢は、『溺愛』がどのような食べ物か気になるらしい。