古芭白あきら

古芭白あきら

「小説家になろう」「ノベルアップ+」「カクヨム」にも投稿しています。(アイコンとヘッダーはあニキさんより頂きました)
11
恋愛 連載中 長編
生まれながらにして神より授かる神賜術(かみのたまもの)の優劣により爵位が定められる日輪(にちりん)の国。そこで蘭華は神賜術を持たず代わりに強大な魔力を持って生まれた。蘭華は魔術を極め導士となったが、神賜術を持たぬ為に爵位を貰えず迫害を受けていた。 そこへ、とある妖魔(あやかし)の事件を追ってきた第五皇子・刀夜との出会いに、蘭華の運命が大きく揺れ動く…… 妖魔と霊獣、神賜術と魔術、爵位と差別……様々な問題を抱えた帝の治める日輪の国で、蘭華と刀夜、二人の想いが災厄や陰謀と絡み合い中華風恋愛ファンタジーを紡ぐ! 魑魅魍魎が跋扈する常夜の森――そこは月星の光も届かぬしんしんと更ける闇に支配された夜の世界。 今日も窓辺で蘭華は闇夜を眺めてひっそりと……
24h.ポイント 0pt
小説 185,828 位 / 185,828件 恋愛 56,372 位 / 56,372件
文字数 101,697 最終更新日 2024.03.09 登録日 2024.01.26
――恋は先に落ちた方が負けなんです!  見た目詐欺ウェルシェと純情王子エーリックの婚約に危機迫る!  グロラッハ侯爵家の長女ウェルシェは見た目だけならパーフェクトだが恋愛に関しては残念な腹黒令嬢。彼女は実家に多大な利益をもたらす第二王子エーリックとの婚約が決まってホクホク。  純情王子エーリックもウェルシェの外見に騙され一目ぼれしており、ある意味2人の利害が一致した婚約であった。  ところが、学園に入学したウェルシェに横恋慕する男子生徒が続出!  しかも、自称ヒロインのアイリスにそそのかされた乙女ゲームの攻略対象である女たらしケヴィン・セギュルが逢瀬の邪魔をしてきた。そこに第一王子オーウェンまでも加わり2人の婚約に危機が迫る!  だが、そんな妨害なんのその。超腹黒令嬢ウェルシェは王妃や周囲の者達を巻き込んで己の欲望に邁進するのだった。  だって、ウェルシェはグロラッハ家に恩恵をもたらしてくれる――「あなたのお嫁さんになりたいです!」 ――これは、乙女ゲームに転生したヒロインと転生悪役令嬢……ではなく、その争いの煽りを食らった最凶腹黒可愛いウェルシェとぽやぽや純情王子エーリックのドタバタラブコメディ。 ※表紙イラストはあニキ様に描いていただいたものです。(盗用・転載・盗作禁止)
24h.ポイント 56pt
小説 14,080 位 / 185,828件 恋愛 6,779 位 / 56,372件
文字数 188,368 最終更新日 2024.02.26 登録日 2024.01.18
恋愛 連載中 短編 R15
キシュホーテ王国の侯爵令嬢モリカ・イルノアは婚約者の第一王子シナーフを深く愛していた。 ところがある日、モリカ様は愛する婚約者が浮気をしていると耳にし、急ぎ浮気現場へと向かう。そこで愛するシナーフが仲睦まじくしていた浮気相手は隣国の王女カミア・グウトンだった。彼女は妖精のように儚く愛らしい人物だが、同時に学園の問題児でもある。 「そ、そんな……シナーフ殿下はカミア様を?」 「私はカミアを愛してしまったのだ……君を愛することはできない!」 なんとモリカはシナーフとカミアの二人の真実の愛の前に盛大にフラれてしまった! 「お二人の真実の愛を全力で応援いたしますわ!」 だけど、モリカ様の様子がちょっと変?
24h.ポイント 28pt
小説 21,163 位 / 185,828件 恋愛 9,858 位 / 56,372件
文字数 10,600 最終更新日 2024.02.02 登録日 2024.01.25
恋愛 完結 ショートショート
婚約者の気持ちを知りたい殿下の出した答え――「そうだ、浮気をしよう!」 ガトー殿下が愛してやまない婚約者イアリス・クームは学業優秀、品行方正な絶世の美少女。唯一の欠点は表情筋が死んでおり常に感情の読めない無表情であること。それゆえに彼女は『氷の令嬢』とあだ名されていた。 果たしてイアリスは自分を愛しているだろうか……彼女の心が分からないガトー殿下はどうしても愛する婚約者の気持ちが知りたいと悩む。 そんなガトー殿下に付き合わされる従者ロッシェはもっと大事な問題があるだろうと呆れていた。実はガトー殿下の側近が次々にブッシュ男爵令嬢の虜となって失脚する事件が起きていてそれどころではなかったからだ。 だが、ガトー殿下はそんな事件よりイアリスが大事! そして、ガトー殿下が導き出した計画は……「そうだ、ブッシュ男爵令嬢と浮気をしよう!」 それは従者ロッシェに頭を抱えさせる左斜め遥か上方の考えだった。
24h.ポイント 49pt
小説 15,236 位 / 185,828件 恋愛 7,323 位 / 56,372件
文字数 9,680 最終更新日 2024.01.21 登録日 2024.01.21
――世界は異能に包まれている。 誰もが生まれながらにして固有の異能《アビリティ》を持っている。だから、自己紹介、履歴書、面接、合コンetc、どんな場面でも異能を聞くのは話の定番ネタの一つ。しかし、『佐倉綴(さくらつづる)』は唯一能力を持たずに生を受けており、この話題の時いつも肩身の狭い思いをしていた。 そんな彼の行き着いた先は『語部市中央図書館』。 そこは人が息づきながらも静寂に包まれた綴にとって最高の世界だった。そして、そこの司書『書院紡子(しょいんつむぐこ)』に恋をしてしまう。 書院紡子はあまりの読書好きから司書を職業に選んだ。いつも本に囲まれ、いつもでも本に触れられ、こっそり読書に邁進できる司書は彼女の天職であった。しかし、彼女には綴とは真逆の悩みがあった。それは彼女の異能が読書にとってとても邪魔だったからである。 そんな紡子さんの異能とは…… 異能を持たずにコンプレックスを抱く綴と異能のせいで気がねなく読書ができない紡子が出会う時、物語が本の中で動き出す!
24h.ポイント 0pt
小説 185,828 位 / 185,828件 キャラ文芸 4,336 位 / 4,336件
文字数 29,291 最終更新日 2024.01.05 登録日 2023.12.29
――私たち薬師が診るのはね、病ではなくて人なのよ  祖母の教えを胸に街を追われ森の中でひっそりと薬方店を営んでいたトーナ。 「あなたが噂の魔女殿か?」  そんな彼女のもとを銀髪碧眼の美形の騎士ハルが訪れた。彼がもたらした依頼はトーナの人生を大きく変えるものだった。 ――この2人の出会いから、いま運命が大きく動き出す。  薬師として豊富な知識と優れた技術を持つトーナ。しかし、幼い時より黒い髪と赤い瞳を理由に『魔女』と蔑まれ迫害を受けていた。それでも、彼女は師でもある亡き祖母の教えを胸に医療の本質に向き合っていく。  一方、ハルは美しい容貌のせいで女性から一方的に好意を寄せられ被害を受け、それが原因で彼は女嫌いとなっていた。だが、トーナの薬師として強く真っ直ぐ生きる姿に惹かれ、虐げられていた彼女を救おうとするのだが…… ※この作品は「小説になろう」「カクヨム」「ラノベストリート」にも投稿しております! ※第一回ラノベストリート大賞3次選考通過しました。 ※第4回一二三書房WEB小説大賞一次選考通過しました。
24h.ポイント 14pt
小説 29,291 位 / 185,828件 恋愛 13,175 位 / 56,372件
文字数 142,135 最終更新日 2023.02.15 登録日 2023.01.21
 乙女ゲーム『剣の乙女のエンゲージ』のヒロインの座をモブに奪われてしまった!  しかもこの転生者はにわかプレイヤーらしく、後日談のファンディスクをプレイしていないみたい。このまま本物の剣の聖女が不在だと異形の王が復活して世界は大変なことになっちゃうのに!  悪役令嬢に転生した私は説得を試みたけど、ぜんぜん聞く耳を持ってくれないの。攻略された婚約者達までもが絡んでゲーム設定はめちゃくちゃだし! 「私はレイピア・ツヴァイハイダーとの婚約を破棄する!」  婚約破棄?  もう好きにすれば!  キレた私は全てを放り出した。  これからは真のヒロインを溺愛してイチャイチャ生活を謳歌してやるんだから!
24h.ポイント 7pt
小説 35,575 位 / 185,828件 恋愛 16,109 位 / 56,372件
文字数 12,943 最終更新日 2023.02.12 登録日 2023.02.12
恋愛 完結 ショートショート
「私は魔王の娘、フリージア・ドゥ・ディアボロ。 魔国の第一王女である私は魔王陛下のエスコートで夜会に参加していた。陛下と別れた私は有力な貴族たちとの交遊に勤しんでいたところアキレス・シビリカ男爵に声をかけられる。 彼は卑劣な侵略者である勇者を撃退した救国の英雄…… 密かに彼へ想いを寄せていた私は誘いを受けて二人でテラスで涼む。 そこでシビリカ卿が私に告白し、ゲームを提案してきたのですが……」 告白に複雑な想いを抱く王女……だけど本当の彼女は――王女ではなく、ただの侍女セラ・テランだった!? セラとフリージアとアキレスの三角関係やいかに!
24h.ポイント 0pt
小説 185,828 位 / 185,828件 恋愛 56,372 位 / 56,372件
文字数 8,309 最終更新日 2023.01.23 登録日 2023.01.23
恋愛 完結 短編
今日、私は40になる。この歳で初めて本当の恋を知った―― 聖女ミレーヌは王太子の婚約者として責務を全うしてきた。しかし、新たな聖女エリーの出現で、彼女の運命が大きく動き出す。 エリーは自分を乙女ゲームのヒロインだと言い、ミレーヌを『悪役令嬢』と決めつけ謂れのない罪を被せた。それを信じた婚約者から婚約破棄を言い渡されて投獄されてしまう。 愛していたはずの家族からも、共に『魔獣』を討伐してきた騎士達からも、そして守ってきた筈の民衆からも見放され、辺境の地リアフローデンへと追放されるミレーヌ。 だが意外にも追放先の辺境の地はミレーヌに対して優しく、その地に生きる人々ととの生活に慣れ親しんでいった。 ミレーヌはシスター・ミレとして辺境で心穏やかに過ごしていたが、彼女の耳に王都での不穏な噂が入ってくる。エリーの振る舞いに民達の不満が募っていたのだ。 聖女の聖務を放棄するエリーの奢侈、100年ぶりの魔王復活、異世界からの勇者召喚、そして勇者の失踪と度重なる王家の失政に対する民の怨嗟――次々と王都で問題が湧く。 一方、ミレの聖女としての力で辺境は平穏を保っていた。 その暮らしの中で、ミレは徐々に自分の『価値』と向き合っていく。 そんな中、ミレは黒い髪、黒い瞳の謎の青年と出会う。 この人を寄せ付けないエキゾチックな青年こそがミレの運命だった。 番外編『赤の魔女のフレチェリカ』『小さき聖女シエラ』完結です。 「小説家になろう」にも投稿しております。
24h.ポイント 49pt
小説 15,236 位 / 185,828件 恋愛 7,323 位 / 56,372件
文字数 117,742 最終更新日 2022.02.20 登録日 2022.01.22
「困りました……」 侯爵令嬢リリーエン・リュシリュー(愛称リリ)は強靭な精神を持つ何事にも動じない令嬢だった。好きでもない王太子との婚約も、超高難易度の王太子妃教育も、婚約者の浮気も、婚約者と浮気相手の誹謗中傷も全てリリは微笑をたたえて流してきた。例え国家転覆の危機があろうともその程度でリリは動じない。そんな彼女が困ってしまっていた…… それは突然だった。わけも分からず魂魄が王太子の浮気相手ルルーシェ・ルミエン(愛称ルル)と入れ替わってしまった。はたして陰謀か、事故か。だけどリリはそんなことでは動じない。変わってしまったものは仕方ないとルルとしての生活を謳歌する図太いリリ。 そんな日々の中で触れ合う新たな家族と友人たち。しかし次第に判明していく魂魄置換に纏わるリリの秘密と王家を狙う陰謀。その時リリは自分の大切なものを守るために立ち上がる。 果たして、黒鋼の強靭な精神を持つリリが困ったこととは? 転生ヒロインとの魂魄置換に関わる陰謀の顛末は? これはリリがルルと入れ替わって過ごした楽しい日々を綴った物語。 注)陰謀はパセリです。キャラクター達はみな明るいので暗い話にはなりません。 ※ この作品は「小説家になろう」に先行して作品を掲載しています。 ※ アルファポリスでは加筆修正と後書きコントを変更して掲載しております。 ※ 「小説家になろう」で改題をしたのに伴い題名を変更しました。 ※ 第14回ファンタジー小説大賞参加作品です。
24h.ポイント 7pt
小説 35,575 位 / 185,828件 ファンタジー 5,465 位 / 42,741件
文字数 340,814 最終更新日 2021.09.17 登録日 2021.08.22
「僕がなんでこんな田舎に!」  廃嫡されたレイマンはファルネブルク侯爵家を追い出され、地方の領地ナーゼルへと追いやられた。  親や友人達の裏切りに心を閉ざしていたレイマン。そんな彼の前に隣領ヴィーティン子爵の息女エリサベータが現れた。 「私はヴィーティン子爵の娘エリサベータ・ヴィーティンと申します」  見事なカーテシーで挨拶をする彼女の瞳はどんな蒼玉よりも美しい青色だった。  賢く篤実な彼女と交流を深めてレイマンは次第に立ち直っていく中でエリサベータへの想いを募らせていく。一方、エリサベータもレイマンと過ごすうちに彼の優しさや心遣いに気がつけば恋心を抱くようになっていた。  やがて二人はお互いの想いを告げ婚約した。  成長と共にエリサベータは美しさは磨きがかかり、遂にはデビュタント後に多くの貴族達からの求婚が殺到する程となった。  それに焦り結婚を急ぐレイマンであったが、ファルネブルク侯爵の失脚により俄かに周囲が騒がしくなって儘ならない。  そんな折、エリサベータの前に彼女に嫉視した『冒瀆の魔女』が現れた。突然やって来た魔女は『冒瀆の呪い』をエリサベータにかけ、彼女の顔を見るに堪えない醜くいものへと変えてしまったのだ。  封建主義の根強い貴族社会で、致命的な汚点を背負ったエリサベータはレイマンの栄達の邪魔になってはと思い悩み婚約を解消し出家することを決意していた。その頃レイマンはエリサベータの呪いを解く術を求めて奔走していたが、その結果は絶望的なものであった。  だが、エリサベータを諦めきれないレイマンは家督を捨てて彼女の元へと向かおうとする。その彼の前に美しき公爵令嬢アグネスが現れた。 「私と結婚して欲しいのです」 「貴女と結婚をする理由はない」 「私が『冒瀆の呪い』を解く術を持っていても?」  アグネスが齎した提案にレイマンは全てを捨てて呪いに苦しむエリサベータと共に生きるか、エリサベータの呪いを解く為に彼女を諦めるかの岐路に立たされる。  レイマンが選択するのは地位か愛か、美か醜か……  果たしてレイマンとエリサベータは想いを遂げることができるのか?  これは封建主義の強い大国で強く生きながらも、呪いによって引き裂かれた恋人達の苦悩と葛藤の中で真実の愛を求める美しくも切ないお伽噺的ヒストリカルロマンス。 「蒼玉の瑕疵」=「そうぎょくのかし」 蒼玉:せいぎょく、サファイアのこと 瑕疵:傷や欠点 ※ この作品は「小説家になろう」に完結作品を掲載しています。(5万字ジャスト版) ※ アルファポリスでは大幅改稿版を掲載しています。(10万字越えます)
24h.ポイント 7pt
小説 35,575 位 / 185,828件 恋愛 16,109 位 / 56,372件
文字数 125,000 最終更新日 2021.09.02 登録日 2021.07.22
11