偽者の聖女として追放された私は、精霊師として隣国の公爵閣下と幸せな第二の人生を送る事にしました

「『聖女』の名を騙っていた偽者の『聖女』として、エスト・フェルグ、貴様を国外追放とする」

 『聖女』の適性があるとして、幼少の頃より『聖女』として迎えられていたエストはある日、〝真の聖女〟を見つけたと口にする王太子により、国外追放の宣告を受ける事になってしまう。

 これからどうしようかと途方に暮れるエストであったが、一人の公爵が「昔に助けて貰った恩返しをさせてくれ」と、そんな彼女に手を差し伸べた。

 これは、多くの制限、我慢を強いられた挙句、理不尽に追放された『真の聖女』の再スタート。
 手を差し伸べてくれた公爵と共にエストは自由気ままに第二の人生を歩む————。

小説家になろうでも投稿してますー!
24hポイント 198pt
小説 6,196 位 / 111,064件 恋愛 2,761 位 / 31,912件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

最狂公爵閣下のお気に入り

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:56424pt お気に入り:8489

月が導く異世界道中

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:99641pt お気に入り:33731

オネエ勇者と見習い魔女

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:7pt お気に入り:3

側近女性は迷わない

恋愛 / 完結 24h.ポイント:14pt お気に入り:51