きせかえ人形とあやつり人形

「俺は普通じゃないって、自分が一番分かってる」

美形で執着強めの小柄な攻め×平凡で友達の多い男前な受けの男子高校生。

宮秋真里は偶然、自身が通う学校の有名人、久城望と知り合いになる。知り合って間もない宮秋に久城はあるお願いをした。人が良い宮秋はそのお願いを快諾するが、段々とその『お願い』の違和感に気付き始め──
24hポイント 7pt
小説 35,309 位 / 148,184件 BL 7,751 位 / 17,033件