殿下の愛は要りません。真実の愛はそこら辺に転がっていませんから。

貧乏伯爵令嬢のクレアは名門の学園に特待生として入学した。
そこで王子と運命的?な出会いをしてしまい、王子は婚約者に婚約破棄を告げる。

「アシュレイ、君との婚約は破棄する。わたしは真実の愛を見つけたのだ。このクレア嬢と結婚する」
「殿下、どういうおつもりですか?」
「へっ? どういうことですか?」


待って。そんな話聞いていない。わたしはそんなこと望んでませんから!
24hポイント 944pt
小説 1,705 位 / 112,141件 恋愛 939 位 / 32,228件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

愛する貴方の心から消えた私は…

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:169313pt お気に入り:6683

幼馴染がそんなに良いなら、婚約解消いたしましょうか?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:40100pt お気に入り:5131

皆さん勘違いなさっているようですが、この家の当主はわたしです。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:5367pt お気に入り:10550