3
恋愛 連載中 短編
「リリアーナ、君との結婚は無かったことにしてもらう。君の力が発現しない以上、君とは結婚できない。君の妹であるマリーベルと結婚することにするよ」 「……私も正直、ずっと心苦しかったのです。これで肩の荷が下りました。昔から二人はお似合いだと思っていたのです。マリーベルとお幸せになさってください」 「ありがとう。マリーベルと幸せになるよ」  円満な婚約解消。これが私の目指したゴール。  この人とは結婚したくない……。私はその一心で今日まで頑張ってきた。努力がようやく報われる。これで私は自由だ。  一度目の人生は聖女として目の前の男に嫁いだが、家を離れている間に私の妹と浮気。子供ができたとお払い箱になる。失意の中で死んでしまうが、土地を癒した見返りとしてそれまでに癒してきた土地に時間を戻してもらう。  今は二度目の人生。元婚約者は領主としてふさわしくないし、浮気男との結婚なんてお断り。でも神様?と約束したのであなたの領地はいただきますね。あなたの領地は私が幸せにします。
24hポイント 22,408pt
小説 114 位 / 87,248件 恋愛 72 位 / 23,023件
文字数 19,341 最終更新日 2020.12.02 登録日 2020.11.22
恋愛 連載中 長編
「この娘はエルリアの姫ではありません!」  国のためエルリアの王女として隣国ファブールの王子に嫁いできたアリシア。結婚式直前に王女でないと暴かれてしまう。当然結婚式は中止。そのまま捕らえられ結婚相手と話せたのは一週間後。 「すまないが、君と結婚することはできない」  婚約者からも結婚できないと言われ、すでに新しい結婚相手がいることを告げられる。自分の出自なんて疑ったことなんてない。それでも証拠があると言われ国に帰ることに。  不安な気持ちを抱えながら国に帰ると本当の家族でもないのに迎え入れてくれた。本当の家族でなくともこの人たちのために頑張ろう、役に立つ人間になろう。そう決意したのに……。 「あんたに生きていられると困るお方がいるんだよ。あんたに恨みはないが、恨むなら、ファブールの王子と自分の出自を恨むんだな。」  私は元婚約者によって殺されてしまったようだ。    意識を失い目覚めた時にはなぜか八歳の姿に。国の未来が暗いことはわかっている。私は生きていては駄目な存在かもしれない。だけど、時間切れになるまで恩返しをするために人生をやり直そう。それまでは偽物の王女でいさせてください。
24hポイント 1,157pt
小説 1,119 位 / 87,248件 恋愛 550 位 / 23,023件
文字数 14,407 最終更新日 2020.11.24 登録日 2020.11.16
恋愛 完結 ショートショート
「お父様。私、アルフレッド様と結婚したいです。お姉様より私の方がお似合いだと思いませんか?」  腹違いの妹のマリアは私の婚約者と結婚したいそうだ。私は平民の娘だから譲るのが当然らしい。  マリアと義母は私のことを『平民の娘』だといつも見下し、嫌がらせばかり。  婚約者には何の思い入れもないので別にいいですけど、本当にいいのですか?    
24hポイント 2,840pt
小説 553 位 / 87,248件 恋愛 274 位 / 23,023件
文字数 6,185 最終更新日 2020.11.19 登録日 2020.11.19
3