11
恋愛 連載中 長編
 侯爵令嬢のエリシアは錬金術師に憧れ、才能もあったが母親に反対されていた。その母は亡くなり、父親は再婚。腹違いの妹が産まれる。当初は関係がよかった継母は男子を産めなかったことで次第にエリシアの存在が邪魔に思うようになってしまう。  男子が産まれたとしてもエリシアを後継者から外す気が無いことを知った継母はエリシアを消すことにした。  家を追われることになったエリシアだったが、名前と姿と変え、一度は諦めた錬金術師として生活を始める。  特別な力を持ち錬金術師として充実した毎日を送っていたのに、王子と騎士団長がやっかいな依頼を持ってきて……。  わたしは静かに暮らしたいのですが?
24h.ポイント 42pt
小説 17,292 位 / 185,745件 恋愛 8,290 位 / 56,333件
文字数 105,680 最終更新日 2023.11.05 登録日 2023.08.31
「リリアーナ、君との結婚は無かったことにしてもらう。君の力が発現しない以上、君とは結婚できない。君の妹であるマリーベルと結婚することにするよ」 「……私も正直、ずっと心苦しかったのです。これで肩の荷が下りました。昔から二人はお似合いだと思っていたのです。マリーベルとお幸せになさってください」 「ありがとう。マリーベルと幸せになるよ」  円満な婚約解消。これが私の目指したゴール。  この人とは結婚したくない……。私はその一心で今日まで頑張ってきた。努力がようやく報われる。これで私は自由だ。  土地を癒やす力を持つ聖女のリリアーナは一度目の人生で領主であるジルベルト・カレンベルクと結婚した。だが、聖女の仕事として領地を癒やすために家を離れていると自分の妹であるマリーベルと浮気されてしまう。しかも、子供ができたとお払い箱になってしまった。  聖女の仕事を放り出すわけにはいかず、離婚後もジルベルトの領地を癒やし続けるが、リリアーナは失意の中で死んでしまう。人生もこれで終わりと思ったところで、これまでに土地を癒した見返りとしてそれまでに癒してきた土地に時間を戻してもらうことになる。  そして、二度目の人生でもジルベルトとマリーベルは浮気をしてリリアーナは婚約破棄された。だが、この婚約破棄は計画通りだ。  わたしは今は二度目の人生。ジルベルトとは婚約中だけれどこの男は領主としてふさわしくないし、浮気男との結婚なんてお断り。婚約破棄も計画通りです。でも、精霊と約束したのであなたの領地はいただきますね。安心してください、あなたの領地はわたしが幸せにしますから。 *過去に短編として投稿したものを長編に書き直したものになります。
24h.ポイント 92pt
小説 10,761 位 / 185,745件 恋愛 5,321 位 / 56,333件
文字数 96,562 最終更新日 2023.02.28 登録日 2023.01.29
 わたしは今、何故かお城のような大豪邸にいる。  仕事で偶然やって来た街で男性に会い、そのままここに連れられてきてしまったのだ。  何故かわたしを見初めたらしい侯爵様はわたしのことを妻だと言う。  妻じゃないと否定したわたしに何故か突然のプロポーズ。  容姿抜群でお金持ちの王子様や貴族に見初められ、溺愛されてプロポーズだなんてお話の中の世界みたい。  憧れるようなシチュエーションだったはずなのに……。  でも、実際に自分の身に降りかかると怖いんですけど!
24h.ポイント 21pt
小説 25,373 位 / 185,745件 恋愛 11,550 位 / 56,333件
文字数 9,510 最終更新日 2022.10.07 登録日 2022.10.05
「銀色の髪に紫の瞳……。おまえがレティシアか?」 「はい、そうでございます。お初にお目にかかります。レティシアと申します」 「おまえ、噂と違ってブスだな」  周囲の空気が一瞬固まる。ピシッと音か聞こえた気がした。 「はぁ……」 「すごく美人で可愛いと評判で僕好みの顔だと聞いていたのに全く違うじゃないか」 -------------  トップアイドルだった橘枝織は高校卒業を記念したドーム公演を控えていた。大学合格を決め、目標であった念願のドームでのコンサート。しかし、リハーサル中の事故で命を落としてしまう。目が覚めるとそこは生前愛読していた乙女ゲームをモチーフにしたWeb小説の世界。  悪役令嬢のレティシアとして転生してしまったらしい。ヒロインをいじめてざまぁされ、破滅する役どころだ。婚約破棄になるのがわかっているのに顔だけで婚約者を選ぶような王子様の婚約者になんてなりたくない。ヒロインをいじめるなんて可愛くないことはしたくない。  せっかくの二度目の人生。アイドルなんて存在しない世界だけど、大きな会場でコンサートがしたい。アイドルとしてキラキラ輝きたい。  作者には悪いけれど、こちらの世界でもトップアイドルを目指します。悪役令嬢? 可愛くないのでやりません。  普段は地味でぶさいくな令嬢を演じて、舞台の上では輝きます。
24h.ポイント 14pt
小説 30,121 位 / 185,745件 ファンタジー 4,323 位 / 42,720件
文字数 106,907 最終更新日 2022.09.29 登録日 2021.08.31
恋愛 完結 短編
「お父様。私、アルフレッド様と結婚したいです。お姉様より私の方がお似合いだと思いませんか?」  腹違いの妹のマリアは私の婚約者と結婚したいそうだ。私は平民の娘だから譲るのが当然らしい。  マリアと義母は私のことを『平民の娘』だといつも見下し、嫌がらせばかり。  婚約者には何の思い入れもないので別にいいですけど、本当によろしいのですか?    
24h.ポイント 383pt
小説 3,210 位 / 185,745件 恋愛 1,618 位 / 56,333件
文字数 9,143 最終更新日 2022.09.22 登録日 2020.11.19
 公爵令嬢のエステラは産まれた時から王太子の婚約者。貴族令嬢の義務として婚約と結婚を受け入れてはいるが、婚約者に対して特別な想いはない。  エステラの婚約者であるレオンには最近お気に入りの女生徒がいるらしい。エステラは結婚するまではご自由に、と思い放置していた。そんなある日、レオンは婚約破棄と学園の追放をエステラに命じる。  婚約破棄がお望みならどうぞ。わたくしは大歓迎です。
24h.ポイント 63pt
小説 13,648 位 / 185,745件 恋愛 6,641 位 / 56,333件
文字数 9,346 最終更新日 2022.09.20 登録日 2022.09.17
恋愛 完結 短編 R15
 伯爵夫人のリディアは伯爵家に嫁いできて一年半、子供に恵まれず悩んでいた。ある日、リディアは夫のエリオットに子作りの中断を告げられる。離婚を切り出されたのかとショックを受けるリディアだったが、エリオットは三ヶ月中断するだけで離婚するつもりではないと言う。エリオットの仕事の都合上と悩んでいるリディアの体を休め、英気を養うためらしい。  三ヶ月後、リディアはエリオットとエリオットの幼なじみ夫婦であるヴィレム、エレインと別荘に訪れる。  久しぶりに夫とゆっくり過ごせると楽しみにしていたリディアはエリオットとエリオットの幼なじみ、エレインとの関係を知ってしまう。
24h.ポイント 21pt
小説 25,406 位 / 185,745件 恋愛 11,579 位 / 56,333件
文字数 15,496 最終更新日 2022.09.14 登録日 2022.09.06
恋愛 連載中 長編
貧乏子爵令嬢のフィリーネはお城に勤めている。 ある日、フィリーネは酔っ払ってしまい、突っかかってきた見知らぬ男性に喧嘩を売ってしまった。翌日、職場に行くとなぜか王太子殿下から呼び出しが……。 呼び出した王太子殿下はなんとなく昨日の見知らぬ男性に似ている気がする。 まさか昨日の失礼な男は王太子殿下だったりしないよね? フィリーネはクビか死刑かとおびえながら呼び出された部屋に向かう。 誠心誠意謝ってクビや死刑を回避しようとしたら、王太子殿下はとんでもないことを言い出した。 「フィリーネさん。どうかわたしをあなたの下僕にしてください」 「犬でも構いません」 「私と結婚するのはいかがでしょうか?」 全てをお断りすると……。 「まずは下僕から始めて親交を深めなくてはいけませんね」 そんな親交の深め方聞いたことない。 魔道具開発の天才だと言われている王太子殿下はどうやら変態だったらしい。 わたしが欲しいのは平穏ですので放っておいてください。
24h.ポイント 7pt
小説 36,452 位 / 185,745件 恋愛 16,389 位 / 56,333件
文字数 68,593 最終更新日 2022.05.30 登録日 2022.01.31
 男爵令嬢のアルティナは跡取り娘。素敵な婚約者もいて結婚を待ち遠しく思っている。婚約者のユーシスは最近忙しいとあまり会いに来てくれなくなってしまった。たまに届く手紙を楽しみに待つ日々だ。  そんなある日、父親に弟か妹ができたと嬉しそうに告げられる。父親と後妻の間に子供ができたらしい。  お義母様、お腹の子はいったい誰の子ですか?
24h.ポイント 35pt
小説 19,637 位 / 185,745件 恋愛 9,171 位 / 56,333件
文字数 15,302 最終更新日 2021.09.12 登録日 2021.09.06
貧乏伯爵令嬢のクレアは名門の学園に特待生として入学した。 そこで王子と運命的?な出会いをしてしまい、王子は婚約者に婚約破棄を告げる。 「アシュレイ、君との婚約は破棄する。わたしは真実の愛を見つけたのだ。このクレア嬢と結婚する」 「殿下、どういうおつもりですか?」 「へっ? どういうことですか?」 待って。そんな話聞いていない。わたしはそんなこと望んでませんから!
24h.ポイント 42pt
小説 17,266 位 / 185,745件 恋愛 8,269 位 / 56,333件
文字数 17,858 最終更新日 2021.07.09 登録日 2021.06.22
恋愛 完結 短編
侯爵家の後継者であるリアーネは父親に呼びされる。 「次期当主はエリザベスにしようと思う」 父親は腹違いの姉であるエリザベスを次期当主に指名してきた。理由はリアーネの婚約者であるリンハルトがエリザベスと結婚するから。 リンハルトは侯爵家に婿に入ることになっていた。 「エリザベスとリンハルト殿が一緒になりたいそうだ。エリザベスはちょうど適齢期だし、二人が思い合っているなら結婚させたい。急に婚約者がいなくなってリアーネも不安だろうが、適齢期までまだ時間はある。お前にふさわしい結婚相手を見つけるから安心しなさい。エリザベスの結婚が決まったのだ。こんなにめでたいことはないだろう?」 破談になってめでたいことなんてないと思いますけど?  婚約破棄になるのは構いませんが、この家を渡すつもりはありません。
24h.ポイント 752pt
小説 1,573 位 / 185,745件 恋愛 778 位 / 56,333件
文字数 44,804 最終更新日 2021.07.05 登録日 2021.06.15
11