空蝉

父が余命宣告くらった時は「ヤバいな」くらいだった。
だけど、今日見舞いに行った時「ごめん」って泣きながら言われた時に初めて重大さを理解した。辛かった。
謝らないといけないのは俺なのに、素直になれなくてごめん。

ある年の夏。
父を失った1人の青年の話。
24hポイント 0pt
小説 100,379 位 / 100,379件 現代文学 5,234 位 / 5,234件