史上最強の料理人(物理)~役立たずと言われパーティを追放されましたが、元帝国最強騎士なのは内緒です~

 ヴィルヘルムにガレイトあり。
 世界最大の国家、ヴィルヘルム帝国有する騎士団〝ヴィルヘルム・ナイツ〟
 その騎士団にひとりの男がいた。
 男の名はガレイト・ヴィントナーズ。
 彼は出自こそ華やかなものではなかったが、皇帝にその才を見出され、騎士団に入団。
 団内でもその才を遺憾なく発揮し、やがて、当時の団長を破り、新たな団長となった。

 そして時は流れ――戦中。
 ガレイト・ヴィントナーズは敵国の策に嵌り、行方知れずとなってしまう。
 団長を失い、戦力を大幅に削られたヴィルヘルム帝国。
 もはや敗戦必至かと思われたが、結果は帝国側の圧勝。
 その上、行方不明だったはずのガレイトの帰還が重なり、帝国内は一気に祝勝ムードに。

 ……だが、ガレイトはひとり、浮かない表情のまま。
 彼は勝利に酔いしれる人々を尻目に、一路、王の待つ玉座へ。
 そして、誰もが耳を疑うような発言をする。

「王よ! どうか私の、この誉れある騎士団を辞する愚行をお許しいただきたい!」

 ざわざわ……!
 城内にいた騎士たちだけでなく、付き人や兵たちからもどよめきが上がる。
 そんな中、玉座にて頬杖をついていたヴィルヘルム王が、口を開いた。

「……ふぅん。ちなみに、団長辞めてなにすんの?」

「りょ、料理人に、なりたい……です……!」

 人々のどよめきがさらに大きくなる。

「へぇ、コックか。いいね、素敵だね。いいよ、なっても」

 即答。
 ここで、人々のどよめきが最高潮に達する。

「あ、ありがたき幸せ……!」

 こうしてガレイトは呆気なく、世界最強の騎士団、その団長という称号を捨てた。
 彼はここより心機一転、料理人として新しい人生を歩み始めたのである。
 帝国はこの日、ガレイトの新しい門出を祝う者。
 放心する者。
 泣き崩れる者。
 軽蔑する者。
 発狂する者たちとで、混迷を極めた。

 そして、さらに時は流れ――帝国中を巻き込んだ騒動から数年後。
 ガレイトは見知らぬ国の、見知らぬ土地。
 そこの底辺冒険者たちの付き人として、こき使われていた。

 この物語は今まで剣を握り、プレートアーマーを身に纏っていた男が、包丁を握り、エプロンに着替えて、数多の食材たちと戦う(主に悪戦苦闘する)物語である。


※この物語の登場人物は基本的に全員ふざけています。
24hポイント 427pt
小説 3,504 位 / 121,187件 ファンタジー 759 位 / 31,507件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

色褪せ令嬢は似合わない婚約を破棄したい。

恋愛 / 完結 24h.ポイント:125106pt お気に入り:3351

異世界ゆるり紀行 ~子育てしながら冒険者します~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:41073pt お気に入り:30896

めんどくさい婚約者とおバカな令嬢に仕返しをしようと思います

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:248pt お気に入り:20

転生幼女。神獣と王子と、最強のおじさん傭兵団の中で生きる。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:1817pt お気に入り:9905

まさか転生? 

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:1604pt お気に入り:1014

ペットたちと一緒に異世界へ転生!?魔法を覚えて、皆とのんびり過ごしたい。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:5374pt お気に入り:678

異世界転生令嬢、出奔する

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:121553pt お気に入り:9864