極北の聖女は王太子に虐待され、氷牢に閉じ込められ、凍死させられそうになりました。

「カクヨム」と「小説家になろう」にも投稿しています。
とても人が住めないような氷に閉ざされた場所に、守護神の加護に護られた王国があった。極北の聖女と呼ばれる守護氏の寵愛を受けた巫女の祈祷のお陰で、永久氷壁を融かして何とか生きていた。だが人は氷を融かす黒油を発見した事で、守護神や聖女を蔑ろにし始めたのだった。
24hポイント 7pt
小説 32,302 位 / 143,904件 恋愛 14,669 位 / 44,916件