月の歌

私は神様への生贄として選ばれた。
もう何もかもどうでも良かった。
あの嫌な目から逃れられるのならば。

神様の住まう山に入った私の目の前に現れたのは、1人の男性。
明らかに、ヒトではない外見。
あなたは、一体誰?

初めて書くものなので、間違いだらけだと思います。読みにくかったらすみません。
あまり細かいところを気にしないで読んでくださるとありがたいです。

投稿がかなり遅くなっています。
あまり恋愛要素はありません。
24hポイント 0pt
小説 80,252 位 / 80,252件 恋愛 21,380 位 / 21,380件