宵江戸に猫は踊る

宵に出歩いてはいけない。
――江戸の夜、それは『ねこ』たちの仄暗い領域なのだ。

白手袋をはめた白ねこ・白妙
黄金の毛並みの虎ねこ・金剛
艶やかな娼婦の黒ねこ・濡鴉

彼らをはじめとした、宵江戸に踊るねこたちの群像劇。

※この物語は一個人の創作です。実在の人物、団体、地名など一切関係ございません。
※作品に登場する事柄に関して、書き手が肯定・推奨している意図はございません。
24hポイント 0pt
小説 149,040 位 / 149,040件 歴史・時代 1,692 位 / 1,692件