銀河の外れで生きる僕と彼女とプラス1匹の冒険


まだ10歳の僕は、誰1人いない惑星に辿り着いてしまった。

僕と家族が乗る宇宙船が、なんらかの原因で不時着してしまった為に……

コールドスリープ装置に眠る未だ目覚めない家族のため、僕はこの惑星からの脱出方法、または救助されることを待ち望んでいる。

途方にくれる日々のなかで、ひとりの人工知能(AI)と出会った。

彼女は、船の中に1人でいる僕に温かい手を差し伸べてくれた唯一の存在。僕は家族のため、彼女と2人でこの困難を懸命に生き抜こうと心に誓う。

どうしたら帰れるのか。どうやったら生き延びれるのか。

いくつもの課題があるこの状況をどう打開していこう……


※毎週日曜日、朝10時に更新します!
※年中行事等がある場合は、その日も更新されます!
※1話あたり1500字以内を目安に書いてます!
※表紙は自作です!
※5/1題名変更しました。(旧題 : この広い宇宙で〜僕と船の物語〜)
24hポイント 0pt
小説 60,807 位 / 60,807件 SF 2,013 位 / 2,013件