十一夜湖

 ある日「ぼく」は住宅街にひっそりたたずむカフェに、手を引かれるように入った。ドアを開けるとカウベルが鳴り、ぼくはその音に導かれたみたいに旅に出ることになった。
 行き先は決まっていた。
 十一夜湖。
 目的地は決まっていたけれども、目的自体はうまく理解できずにいた。でもそこに行けば、行かなければならない理由が見つかるのだという確信があった。
24hポイント 0pt
小説 100,132 位 / 100,132件 恋愛 27,956 位 / 27,956件