5人の小さな色彩人との物語

 かつて5人の小さな人の物語に着手したことがある。
 5人ともそろいもそろってあまりに奔放なものだから物語が散り散りに飛んでいき、空中分解するみたいにして頓挫した作品だった。

 パソコンの中に棲む小人という設定に華やかさはなく、だから彼らに与えた姿はモノトーン。地味だけど着々と描いてきたのに。
 彼らは、おとなしい活躍など最初から望んではいなかった。

 それがある時、自らに色をつけ、向こうから再登場してきたではないか。
 作者であるぼくをさしおき、彼らは自由意思で活動し始めようとしている。

 なんのために?
 
 ぼくのものだったはずの物語は、ある瞬間を境に彼らの物語にすり替わった。

 彼らの目的はなにか?
24hポイント 7pt
小説 21,675 位 / 86,764件 ファンタジー 4,823 位 / 24,834件