月を想う。

10/6更新しました。

以前からアップしていました、國の土地を守る
守護職のさらに上に立つものとして、あらゆる出来事の糸引き役を担う、
多くの事象に関わって来た葵の物語。

登場人物

日元 葵(旧姓、橘)
時間にも性別にもとらわれない存在。
守護職の上司的な存在。神出鬼没であり、
糸引き役をしたり、嫌な役回りもこなす。
血も涙も無いわけではなく、誰よりも感受性は強い。
世情が落ち着き始めた頃に、やっと心許せる相手が
現れたので、近年は平穏に暮らしている。

神と人間との間に生まれた。神格を持ち合わせているため、ほぼ不死。

髪は、カラスの濡れ羽色。瞳は、紫色(感情の高まりによって色の変化あり)

軍に属していたり、地獄にも出入りしたり、図書館の司書をしたり。人望もあるが、史実に関わった事がバレ無いように暮らしている。


エスカデとの出逢いで、人生が大きく変わってしまった。


エスカデ=ホワイト
葵のパートナー。過去に、葵の写真をとある人物から
見せてもらって一目ぼれした。海の向こう側で医師をしていた。
葵の元にやって来るのはこれで2度目。
葵の性別には、何のこだわりもなくただその存在を
愛でている。金髪碧眼。年齢は20代後半。

※妊娠表現に近いものがあったりするので、苦手な方は
ご注意くださいませ。
24hポイント 0pt
小説 140,296 位 / 140,296件 BL 15,871 位 / 15,871件