その貴なる姫君

今を時めく右大臣・源正頼の息子、祐純は東宮から弟・仲純の死の真相について調べることを命じられる。
そこで明かされた、弟の持つ、妹姫に対する思いとは。
そしてまた、妹・あて宮こと藤壷の方の感情とは。

古典「うつほ物語」のあて宮求婚譚から仲純の項を中心にまとめたお話。
24hポイント 0pt
小説 80,084 位 / 80,084件 歴史・時代 1,094 位 / 1,094件