Chain

――運命の人とは、赤い糸なんかじゃなくて、鎖くらい強固なものでつながってれば、間違えないのに。

靜が目を覚ますと、見知らぬ男と手錠で繋がれていた。嘉門と名乗ったその男、刑事だという。
「君は俺の事件に巻き込まれた」
そう言った嘉門に連れられて、靜は助けを求めて森へと逃げ出した。

孤独を抱えた女の子が、運命の相手と出会う話。


※流血注意
このお話は小説家になろうにも別名義で掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 55,704 位 / 55,704件 ホラー 2,091 位 / 2,091件