骸骨殿下の婚約者

私が彼に会ったのは、九才の時。雨の降る町中だった。
魔術師の家系に生まれて、魔力を持たない私はいらない子として、家族として扱われたことは一度もない。
 ――ね、君、僕の助手になる気ある?
彼はそう言って、私に家と食事を与えてくれた。
この時の私はまだ知らない。
骸骨の姿をしたこの魔術師が、この国の王太子、稀代の魔術師と言われるその人だったとは。

***各章ごとに話は完結しています。お気軽にどうぞ♪***
24hポイント 404pt
小説 3,256 位 / 123,928件 ファンタジー 698 位 / 31,900件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

側妃にすると言われたので従者と一緒に逃げることにしました。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:173354pt お気に入り:4114

何か勘違いをしてる婚約者の幼馴染から、婚約解消を言い渡されました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:190073pt お気に入り:12563

魔力なしの役立たずだと婚約破棄されました

恋愛 / 完結 24h.ポイント:11104pt お気に入り:5527

旦那様は大変忙しいお方なのです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:111350pt お気に入り:9100

私のお父様とパパ様

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:42266pt お気に入り:4778

妹と婚約者の逢瀬を見てから1週間経ちました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:231851pt お気に入り:8802