最狂公爵閣下のお気に入り

「お姉さんなんだから、我慢しなさい」

 そんな母親の一言で、楽しかった誕生会が一転、暗雲に包まれる。
 今日12才になる伯爵令嬢のセレスティナには、一つ年下の妹がいる。妹のジーナはとてもかわいい。蜂蜜色の髪に愛らしい顔立ち。何より甘え上手で、両親だけでなく皆から可愛がられる。

 どうして自分だけ? セレスティナの心からそんな鬱屈した思いが吹き出した。
 どうしていつもいつも、自分だけが我慢しなさいって、そう言われるのか……。お姉さんなんだから……それはまるで呪いの言葉のよう。私と妹のどこが違うの? 年なんか一つしか違わない。私だってジーナと同じお父様とお母様の子供なのに……。叱られるのはいつも自分だけ。お決まりの言葉は「お姉さんなんだから……」

 お姉さんなんて、なりたくてなったわけじゃない!

 そんな叫びに応えてくれたのは、銀髪の紳士、オルモード公爵様だった。

***お知らせ***
妹の名前を変更します。レジーナ → ジーナ (理由:出版社の名前と一緒だったことに今気が付きましたww)
***登場人物初期設定年齢変更のお知らせ***
セレスティナ 11才(変更前)→12才(変更後) シャーロット 12才(変更前)→13才(変更後)
24hポイント 5,665pt
小説 338 位 / 144,195件 ファンタジー 86 位 / 34,677件