~千年屋あやかし見聞録~和菓子屋店主はお休み中

大正時代―――和菓子屋『千年屋(ちとせや)』
千年続くようにと祖父が願いをこめ、開業した和菓子屋だ。
孫の俺は千年屋を継いで只今営業中(仮)
和菓子の腕は悪くない、美味しいと評判の店。

だが、『千年屋安海(ちとせや やすみ)』の名前が悪かったのか、気まぐれにしか働かない無気力店主。
あー……これは名前が悪かったな。

「いや、働けよ」
「そーだよー。潰れちゃうよー!」

そうやって俺を非難するのは幼馴染の有浄(ありきよ)と兎々子(ととこ)。
神社の神主で自称陰陽師、ちょっと鈍臭い洋食屋の娘の幼馴染み二人。
常連客より足しげく通ってくる。
だが、この二人がクセモノで。
こいつらが連れてくる客といえば―――人間ではなかった。

コメディ 時々 和風ファンタジー

※表紙絵はいただきものです。
24hポイント 319pt
小説 4,785 位 / 139,887件 キャラ文芸 41 位 / 3,365件