32 12
恋愛 連載中 短編 R18
継母と異母妹は前妻の子である姉の美桜を家政婦として扱っていた。 家を出ようとしても継母の実家の力で住む場所も決めることができず、友達は嫌がらせを受けてしまい、美桜は自分から自然と距離を置いた。 28歳になっても家から出してはくれず、黙々と家事をこなしていた。 23歳になった妹には見合い話がたくさんくるにも関わらず、美桜にはお見合い話はこない。 妹の梨沙は自慢げにお見合い話を美桜に見せつけていた。 欲しいのはそんなものではなく、自由なのに―――美桜はそれをなんの感情もなく見つめていた。 けれど、そんな美桜に一つだけ見合い話が持ち込まれた。
24hポイント 2,218pt
小説 653 位 / 79,438件 恋愛 323 位 / 21,088件
文字数 7,183 最終更新日 2020.08.03 登録日 2020.08.03
恋愛 完結 短編 R18
大国ローテローゼンの宰相の娘ヴィオラは父よりイーヴァーリス王国の王子との結婚が決まったことを突然、告げられる。 第一王子イヴァンとは婚約の話が消え、第二王子ルシアノからは婚約を断られたヴィオラにローテローゼン社交界は冷たかった。 ヴィオラは言われるがまま、イーヴァ―リス王国へと嫁いだが、ローテローゼンとは違った雰囲気に戸惑いを隠せない。 イーヴァーリス王国でうまくやっていけるのだろうか―――
24hポイント 2,692pt
小説 567 位 / 79,438件 恋愛 284 位 / 21,088件
文字数 27,461 最終更新日 2020.08.01 登録日 2020.07.29
恋愛 完結 短編 R18
イーヴァ―リス王国の王女アンリエッタはアウローラ公国の第二公子シャルムが苦手だった。 その美貌と性格の悪さで有名なアウローラ公国の双子の弟であるシャルムは兄のルイスと仲がよく、王宮に滞在していた。 年頃のアンリエッタの結婚相手がだれになるか、貴族令嬢達の噂の的だった。 婚約相手は昔から兄の護衛をしている気心のしれたフィリオに決まるが、アンリエッタはまったく意識していなかった相手に戸惑う。 フィリオは優しく、申し分のない相手だった―――
24hポイント 404pt
小説 2,506 位 / 79,438件 恋愛 1,192 位 / 21,088件
文字数 31,387 最終更新日 2020.07.27 登録日 2020.07.24
恋愛 完結 短編 R18
大国ローテローゼンの第一王子だったイヴァンは事件を起こし、廃嫡された。 国王である父の温情により、領地を与えられて暮らしていたが、王家の血を引くことから、貴族達は娘を送り込んでいた。 そんな時、アルバータイン王国の生まれである奴隷を与えられた。 少女の名前はラヴィニア。 イヴァンはラヴィと呼ぶことにした。 それは退屈しのぎから始まった余興にすぎなかったのだが、徐々にお互いに心を開き始める。
24hポイント 319pt
小説 3,059 位 / 79,438件 恋愛 1,409 位 / 21,088件
文字数 24,874 最終更新日 2020.07.23 登録日 2020.07.20
恋愛 完結 短編 R18
小国の黒真珠王国にある山奥の庵で暮らしていたルシアノは故国ローテローゼンに呼び戻される。 急にいなくなったルシアノに黒真珠王国の幼馴染達は驚くが、ルシアノから手紙が届くため、気にしていなかった。 また戻ってくるだろうと思っていた。 そんな時、ローテローゼンからローテローゼン社交界への招待状が王女ユンファに届くのだった。 大国ローテローゼンからの招待を断るわけにもいかず、招待を受けることになり、ユンファはローテローゼンに行くことになったのだが――
24hポイント 120pt
小説 5,879 位 / 79,438件 恋愛 2,502 位 / 21,088件
文字数 22,812 最終更新日 2020.07.18 登録日 2020.07.16
恋愛 完結 短編 R18
黒い薔薇の王国。 黒真珠王国はユーインとアイシャの子フェイが即位し、国王となっていた。 乳母の子、リンユーと兄妹のように育ったが、リンユーは自分の容姿がよくないことや身分差に遠慮を感じ、距離を置くようになった。 だが、医療院がフェイと対立するようになり、リンユーは放っておけず、関わることになる。
24hポイント 56pt
小説 8,571 位 / 79,438件 恋愛 3,661 位 / 21,088件
文字数 18,587 最終更新日 2020.07.15 登録日 2020.07.15
恋愛 連載中 長編 R18
禍津神を鎮めた八人の末裔は鎮護八家と呼ばれていた。 その中の序列第一家杜部の本家で暮らす少女、冬虎(とうこ)は村の外に出ることが許されず、生まれた時から決められた人間としか関わることができなかった。 婚約者の龍輔(りゅうすけ)は血のつながらない姉の狐里(こさと)に冷たく、その仕返しとして冬虎を村の外に連れ出す。 村の外では冬虎は異形に狙われる存在だった。 異形に襲われたところを序列第二家に属するシオという青年に助けられ、外で共に暮らすことになった。
24hポイント 42pt
小説 9,862 位 / 79,438件 恋愛 4,178 位 / 21,088件
文字数 34,822 最終更新日 2020.07.14 登録日 2020.06.30
恋愛 完結 短編 R18
ファビュラス王国の宰相補佐官フィルは育ての親にして、最も尊敬する宰相グレンから、そろそろ結婚するように言われる。 悩んだフィルはアウローラ公国のリゾート地で休暇をとることにした。 そこにリディアの娘のシエラがやってきたのだが、ローテローゼン王国第一王子のイヴァンに気に入られてしまう。 フィルはイヴァンからシエラを守りきれるのか―――そして、結婚相手は見つかるのか。
24hポイント 63pt
小説 8,116 位 / 79,438件 恋愛 3,448 位 / 21,088件
文字数 13,744 最終更新日 2020.07.12 登録日 2020.07.12
恋愛 完結 短編 R18
お嬢様学校に通う女子高校生の蓮見咲良(はすみさら)は異世界に召喚された。 そこは黄色の薔薇の国グレイスランド王国だった。 国王のエリクは貴族を粛清したため、貴族達から命を狙われていた。 エリクを助け、信頼を得ることができたサラは国王付きの護衛となり、周りからも一目置かれるようになる。そんな中、父親である大国ローテローゼンの王カルヴィンがやってくる。
24hポイント 63pt
小説 8,116 位 / 79,438件 恋愛 3,448 位 / 21,088件
文字数 32,195 最終更新日 2020.07.10 登録日 2020.07.09
恋愛 完結 短編 R18
侍女のリネットは婚期を逃したが、貧乏な家族を支えるためファビュラス王国の王宮で王子付きの侍女として働いていた。 ディアナ女王陛下と宰相のグレンの息子である王子アレンは優秀で評判もよかったか、侍女のリネットには意地悪で可愛げがない。 いつものことなので、リネットは気にしていなかったが、侍女仲間のエイミーがアレンの部屋で盗みを働いてしまう。 それをリネットはかばうが、エイミーのかわりにアレンから罰を受けることになってしまう。
24hポイント 305pt
小説 3,201 位 / 79,438件 恋愛 1,450 位 / 21,088件
文字数 34,395 最終更新日 2020.07.06 登録日 2020.07.02
恋愛 完結 短編 R18
王女リディアは16歳になった。 領地は豊かになり、青の民も平和に暮らしていた。 そこへ王都の宰相グレンから手紙がくる。 「結婚相手をおくりました」 その相手との噂が領地に広まり、リディアは頭が痛い。 青の民であるセノンとの結婚をよく思わない者と結婚をさせたい者達の思惑がぶつかり、平和だった生活に影が差す。
24hポイント 49pt
小説 9,141 位 / 79,438件 恋愛 3,889 位 / 21,088件
文字数 14,051 最終更新日 2020.06.30 登録日 2020.06.29
ファビュラス王国の王女リディアは領地をもらい、その領地を治めるべく毎日忙しく働いていた。 そこに大国ローテローゼンの宰相バイロンから結婚式の招待状がリディアとセノンに届いた。 断れず、出席するリディアとセノン。 そこには滅多に姿をみせないローテローゼン王エヴァンがいた。 エヴァンは青の民を集めるな、さもなければ攻め入ると警告する。 悩むリディアに第一王子のカルヴィンが訪れ、共闘を持ちかける。
24hポイント 21pt
小説 13,620 位 / 79,438件 恋愛 5,524 位 / 21,088件
文字数 10,457 最終更新日 2020.06.28 登録日 2020.06.28
国を失った青い薔薇の民オンディーナ王国の民は国を再興しようと企てる。 王族の血を引くもので生き残っているのは二人。 医療院のノエル、ファビュラス王国の狂犬セノン。 二人を王として考える民達は次代の王を求めていた。 王位を望まない二人だが、青の民の陰謀に巻き込まれてしまう。
24hポイント 0pt
小説 79,438 位 / 79,438件 恋愛 21,088 位 / 21,088件
文字数 11,994 最終更新日 2020.06.27 登録日 2020.06.27
恋愛 完結 短編 R18
イーヴァ―リス王国の若き国王エリオットは大臣達からせめて一人でもいいから、妃を選ぶよう言われていた。 気乗りしないエリオットとは逆に大臣達は妃を探していた。 王宮主催のパーティーが開かれる中、社交界デビューすらしていない男爵家のエルザが乳母の助けを借りて初めてパーティーに出席することになった。
24hポイント 49pt
小説 9,141 位 / 79,438件 恋愛 3,889 位 / 21,088件
文字数 14,631 最終更新日 2020.06.25 登録日 2020.06.24
姉のディアナと宰相のグレンの婚約が決まり、二人はイーヴァ―リス王国に出かけて行った。 それを見送る二人に父にして国王のカイルはグレンがディアナを守れるかどうか、試したいと話を持ち掛けてくる。 カイルはセノンにリディアの同行を許し、イーヴァ―リスへと向かわせる。 セノンの相棒を自称するフィルも護衛につくことに。 二人旅と思っていたセノンは苛立つ。 魔王級の宰相であるグレンに三人は勝てるのか。
24hポイント 14pt
小説 15,785 位 / 79,438件 恋愛 6,287 位 / 21,088件
文字数 13,750 最終更新日 2020.06.23 登録日 2020.06.23
王女の従者(犬)のセノンは戦争に行けと宰相に命じられる。 行けば、主である王女リディアとは一緒にいられないし、会えない。 寂しいと思いつつも、命令に逆らえず、行くことになった。 王宮に残った王女のリディアは日々の暮らしを過ごすが、犬のいない暮らしは寂しいものだった。 離れた二人はいつ会うことができるのか。
24hポイント 35pt
小説 10,954 位 / 79,438件 恋愛 4,511 位 / 21,088件
文字数 12,467 最終更新日 2020.06.22 登録日 2020.06.21
姉と宰相の婚約が無事決まってしばらくした頃、一番上の兄にリディアは手紙を書いた。 手紙の返事が届き、兄の手紙に違和感を覚える。 リディアは兄がいる医療院へ従者(犬)を連れて向かうことにする。 そこで犬の(自称)友人と会うことになる。 リディアは兄が起こす問題に巻き込まれていく。
24hポイント 21pt
小説 13,620 位 / 79,438件 恋愛 5,524 位 / 21,088件
文字数 11,116 最終更新日 2020.06.21 登録日 2020.06.20
恋愛 完結 短編 R18
北の塔には魔女がいる。 第一王子のレオナルドと第二王子のユーインはそう信じて塔にのぼった。 王宮の北の塔にいたのは先代国王の正妃だったオリヴィエだった。 なぜ、閉じ込められているのか。レオナルドにはわからなかった。 魔女なのか、それとも聖女なのか。 それはファビュラス王国第一王子のレオナルドは十六歳の遅い初恋だった。
24hポイント 28pt
小説 11,932 位 / 79,438件 恋愛 4,932 位 / 21,088件
文字数 12,887 最終更新日 2020.06.19 登録日 2020.06.19
「犬が欲しいの」 第三王女リディアは五歳の誕生日のプレゼントに犬をおねだりしていた。 「犬です」 宰相のグレンが連れてきたのはどこからどうみても人間だった。 リディアはグレンのプレゼントを返すこともできずにセノンという青年をそばに置くことにした。
24hポイント 21pt
小説 13,620 位 / 79,438件 恋愛 5,524 位 / 21,088件
文字数 17,197 最終更新日 2020.06.17 登録日 2020.06.14
恋愛 完結 短編 R18
ローテローゼン王国の第二王子アークとファビュラス王国第二王女フィアナの結婚式が執り行われた。 各国の要人が集まる。 新婚生活が始まったが、フィアナは第一王子カルヴィンの妃を探すようお願いされてしまう。
24hポイント 28pt
小説 11,932 位 / 79,438件 恋愛 4,932 位 / 21,088件
文字数 12,063 最終更新日 2020.06.16 登録日 2020.06.16
32 12