神獣を育てた私は平民は用済みと言われ国を追い出されるも、神獣は国より私を選んだようです

 伝説のスキル「テイマー」の力が目覚めた平民のノネットは、両親に売り飛ばされてしまう。

 1頭限定で動物を国を守る神獣にまで育てることが可能なノネットは、城で神獣を育てながら暮らしていた。

 育てた神獣は国を守る結界が張れるようになり、「役割を果たした平民は用済み」と国を追い出されることになってしまう。

 平民の私が何を言っても生活を捨てたくない虚言にしかとられず、国を出た私の目の前に神獣がやって来る。

 やっぱり神獣は国より私を選んだみたいだけど、これは忠告を聞かず追い出すことに決めた国王や王子、貴族達が悪い。

 もし追い出されることになったら招待すると隣国の王子に言われていた言葉を思い出し、私は神獣と隣国に向かおうとしていた。
24hポイント 45,776pt
小説 42 位 / 77,261件 恋愛 29 位 / 20,390件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

転生令嬢は逃げ出した森の中、スキルを駆使して潜伏生活を満喫する

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:14981pt お気に入り:7612

人生七回目、さすがにもう疲れたので好きに生きます

恋愛 / 完結 24h.ポイント:32397pt お気に入り:7940

婚約破棄をされた地味令嬢は、実は絶世の美少女でした 【改訂版】

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:111222pt お気に入り:11900