20
恋愛 連載中 長編 R15
 乙女ゲームの悪役令嬢リリアンに転生していた私は、転生もそうだけどゲームが始まる数年前で子供の姿となっていることに驚いていた。  これから頑張れば悪役令嬢と呼ばれなくなるのかもしれないけど、それよりもイメージすることで体内に宿る魔力を消費して様々なことができる魔法が使えることの方が嬉しい。  もうゲーム通りになるのなら仕方がないと考えた私は、レックス王子から婚約破棄を受けて没落するまで自由に楽しく生きようとしていた。  魔法ばかり使っていると魔力を使い過ぎて何度か倒れてしまい、そのたびにレックス王子が心配して数年後、ようやくヒロインのカレンが登場する。  私は公爵令嬢も今年までかと考えていたのに、レックス殿下はカレンに興味がなさそうで、常に私に構う日々が続いていた。
24hポイント 16,175pt
小説 120 位 / 68,061件 恋愛 79 位 / 17,435件
文字数 126,436 最終更新日 2020.04.02 登録日 2019.12.29
恋愛 連載中 長編
 隣の部屋の住人というだけで、女子高生2人が行った異世界転移の儀式に私、アカネは巻き込まれてしまう。  どうやら儀式は成功したみたいで、女子高生2人は聖女や賢者といったスキルを手に入れたらしい。  巻き込まれた私のスキルは「料理」スキルだけど、それは手順を省略して完璧な料理が作れる凄いスキルだった。  転生者で1人だけ立場が悪かった私は、こき使われることを恐れてスキルの力を隠しながら過ごしていた。  そうしていたら「お前は不要だ」と言われて城から追い出されたけど――こうなったらもう、異世界を満喫するしかないでしょう。
24hポイント 45,947pt
小説 29 位 / 68,061件 恋愛 24 位 / 17,435件
文字数 36,516 最終更新日 2020.04.02 登録日 2020.03.08
恋愛 連載中 短編
 公爵令嬢ウェンディに転生した私は、後悔して死ぬと人生が巻き戻る呪いを受けてしまう。  最初に転生した時は産まれたばかりだったのに、2度目からは12歳からやり直される人生で、私の強さ、環境は1回目の12歳までとは全然違っていて、やり直すたびに毎回人間関係が何かしら変化していた。  それからは処刑されたり、心中したり――何度も人生をやり直すことで、私は気付く。  どうやらやり直しになった時点での実力が高いほど周囲の評判が悪いみたいで……7回目の人生はどう考えても悪役令嬢だけど、今までの中で一番力がある。  こうなったら悪役令嬢スタートでも構わない。  今までの失敗を生かして幸せに生き、私は人生のループを終わらせたかった。
24hポイント 3,700pt
小説 390 位 / 68,061件 恋愛 193 位 / 17,435件
文字数 5,389 最終更新日 2020.04.02 登録日 2020.03.30
恋愛 連載中 長編
 動物と意志疎通ができるだけのスキルが目覚めた伯爵令嬢テルナは、動物令嬢と呼ばれ周囲から蔑まれていた。  そんな時、テルナの元に一頭の大狼が現れ、その狼は獣となる呪いを受けた第三王子ライアスだと名乗る。  理由を説明されても信じられず、王子だと思い込んでいるだけだと判断したテルナが大狼をライアスと名付けて可愛がっていると、詳しい話をするため第二王子ロウレスがテルナの元にやって来た。
24hポイント 11,389pt
小説 170 位 / 68,061件 恋愛 102 位 / 17,435件
文字数 38,045 最終更新日 2020.04.02 登録日 2020.03.02
恋愛 完結 長編 R15
優れた魔力を持つ人は希にスキルを目覚めさせることがあり、侯爵令嬢アニエスはスキルを入手する。 アニエスのスキルは近くに居る人の心が読める読心スキルだと発覚して、学園の生徒達から避けられ孤立してしまう。 学園で孤立したアニエスは、冷徹王子と呼ばれている第三王子アンドリューに声をかけられる。 そしてアンドリュー殿下がアニエスに触れたことで、アニエスは威圧のスキルが原因で冷徹王子と呼ばれていることを知る。 読心能力についてアニエスが説明するも、アンドリュー殿下には隠しておきたいことが何もないから大丈夫らしい。 本当は優しいアンドリュー殿下と話をしていく内に、アニエスはいつの間にかアンドリュー殿下と婚約することになっていた。
24hポイント 965pt
小説 1,065 位 / 68,061件 恋愛 521 位 / 17,435件
文字数 60,872 最終更新日 2020.03.22 登録日 2020.01.19
 公爵令嬢リノは魔力を扱えず、それに失望した第二王子クーゲルはリノとの婚約を破棄する。  クーゲルの婚約者となった妹リーナ、家族からも疎まれていたリノに対して、魔王ロギンが婚約を申し込んでいた。  婚約とは建前で実際は生贄だと家族と王子から言われたリノは納得し、リノはロギンの生贄になることが決まる。  ロギンはリノが好きで溺愛するも、その行為は生贄に相応しくするためのものだとリノは思い込んでいた。  これは思い込みの激しい令嬢と、その令嬢を助け溺愛する魔王のお話。
24hポイント 333pt
小説 2,557 位 / 68,061件 恋愛 1,149 位 / 17,435件
文字数 22,527 最終更新日 2020.03.09 登録日 2020.02.21
恋愛 完結 短編 R15
 公爵令嬢コレットはパーティ会場でやってもいない悪事を公表され、第二王子アレスに婚約破棄と国外追放を突きつけられてしまう。  コレットの立場を妬んだ人が仕組んだことだと伝えてもアレス殿下は聞き入れてくれず、コレットは別大陸に飛ばされることとなっていた。  別大陸でコレットはジェイクと名乗るの少年に助けられ、コレットは自分の力で生きるために必死で魔法を学んでいく。    聖女と呼ばれるほどに成長したコレットは、条件を満たせば時間を戻せることが可能だと知ることができていた。  そして、優秀な人間を始末する悪魔によってジェイクが命を落し、もう悪魔を倒す手段は時間を戻すことしかないと発覚する。  時間を戻すことで悪魔を倒すことに成功した元聖女コレットは、ただの公爵令嬢コレットに戻っていた。  目的を果たしたのコレットは今度こそ同じ目に合わないよう、アレス殿下の婚約を拒むことにする。  コレットは強引に迫るアレス殿下を拒みつつ、この世界では生きているジェイクの力になりたいと決意していた。
24hポイント 347pt
小説 2,471 位 / 68,061件 恋愛 1,116 位 / 17,435件
文字数 25,233 最終更新日 2020.03.04 登録日 2020.02.08
恋愛 完結 長編 R15
 10代から20代までの間、稀にスキルが目覚める者が存在し、公爵令嬢リファナはスキルが目覚める可能性ありと期待されていた。  そして遂にリファナのスキルが目覚めるも、鑑定の結果「ドラゴンテイマー」と発覚したことで、皆の期待は失望に変わる。  ドラゴンがこの世界に存在するわけがないと嘲笑され、スキルが無い方がマシで恥だとリファナはギベス王子に婚約破棄されてしまう。  数千年もの間眠っていた龍人とドラゴンが目覚めたことを知らないリファナは、何の役にも立たない能力でこれから蔑まれる一生を迎えるのかと悲しみに暮れていた。  そして龍王にして龍人ウラゴと名乗る美青年が王国に現れ、伴侶となるべきリファナが蔑まれていたことを知ったウラゴは怒るのだった。
24hポイント 355pt
小説 2,435 位 / 68,061件 恋愛 1,103 位 / 17,435件
文字数 80,060 最終更新日 2020.02.28 登録日 2019.11.24
恋愛 完結 長編 R15
 魔法学園の試験を行っている最中に「お前は魔力が貧相だから婚約を破棄する」と婚約破棄を受けた公爵令嬢マナは、ショックのあまり魔法学園を不登校になっていた。    それから数日後、魔法学園のカリム先生が家庭訪問にやって来て、マナは自分の力を使いこなせていないだけだと言われ、婚約破棄のショックと励まされたことによってマナはカリム先生のことが好きになる。  カリム先生の指導を受けたマナは賢者と呼ばれるほどの強さを手に入れて、今まで見下していた人たちを見返す事に成功していた。  婚約破棄を取り消したいというマロード殿下を突っぱね、マナはカリム先生に告白したいも、先生は魔法と魔力のことしか興味がなさそうだった。
24hポイント 468pt
小説 1,899 位 / 68,061件 恋愛 898 位 / 17,435件
文字数 92,307 最終更新日 2020.02.27 登録日 2019.11.16
恋愛 完結 長編 R15
悪役令嬢に転生してしまい、最悪の展開にならないよう召喚士となった公爵令嬢のセレナ。 それでも冤罪をかけられて王子ロディスによって婚約破棄され、国から追放されてしまう。 召喚士としての素質があったセレナだったが、転生した世界を変える事を恐れその力を隠していた。 それでもセレナの力に気付いていた第三王子ディレオはセレナを溺愛し、着いていくと宣言する。 セレナの本来の力を知ったロディス達は捜索の命を受け必死になる中、セレナは自由にこれからを楽しもうとしていた。 初投稿になります。温かい目で見ていただければ嬉しいです。
24hポイント 816pt
小説 1,207 位 / 68,061件 恋愛 584 位 / 17,435件
文字数 462,802 最終更新日 2020.02.14 登録日 2019.03.29
恋愛 完結 短編 R15
素質があるという理由で第三王子ゲノスと婚約することとなった伯爵令嬢ミラは、立場の差から王子達によって酷い仕打ちを受けていた。 ミラの紅い魔眼によって、吸血鬼騒ぎが発生すると王子達の陰謀によってミラは真っ先に疑われてしまい処刑となってしまう。 死が迫っている時、本物の吸血鬼である青年ヴァンが現れ、ミラを吸血鬼にすることで救い出す。 吸血鬼騒ぎは村が起こした事件を吸血鬼のせいにしていたからであり、種族を侮辱されたことにヴァン怒りを覚えていた。 吸血鬼になることでミラは力を手に入れ、ヴァンに「君の行動に力を貸そう」と言われたことで、吸血鬼と化したミラは復讐を決意する。 復讐が始まり、協力してくれるヴァンにミラは惹かれつつあった。
24hポイント 78pt
小説 6,629 位 / 68,061件 恋愛 2,683 位 / 17,435件
文字数 22,992 最終更新日 2019.12.28 登録日 2019.12.14
ファンタジー 連載中 長編 R15
侮られたくない一心で強さを身につけた少年は、勝手に勢力を作られた結果命を落とす。 薄れる意識の中、少年は力の使い方を間違った末路だと反省していると、女神が現れて少年に転生しないか聞いてくる。 異世界転生することとなった少年は女神から魔力と特別なスキルを手に入れたことによって更に強くなるも、今度は平凡に生きたいと願っていた。 魔力を籠めればいい作物ができると聞いた少年は、自身のスキルを使いながら菜園を始めるも、とんでもない農園ができてしまう。 周囲が驚愕する中、転生前のようになりたくなかった少年は、それでも平凡に生きたいと思っていた。
24hポイント 355pt
小説 2,435 位 / 68,061件 ファンタジー 625 位 / 20,643件
文字数 200,866 最終更新日 2019.12.27 登録日 2019.08.25
恋愛 完結 短編 R15
 公爵令嬢リーチェは、獣人になってしまうという呪いを家族以外に隠しながら生きていた。  その呪いのせいで王太子との婚約を破棄するよう両親が仕向け、リーチェは王太子から婚約破棄を受ける。  王太子が告げた婚約破棄の理由は、リーチェが想像していた理由ではなく「運命の相手ができた」というもので、特徴を聞くと、それは獣人となったリーチェだった。
24hポイント 106pt
小説 5,453 位 / 68,061件 恋愛 2,278 位 / 17,435件
文字数 25,214 最終更新日 2019.11.26 登録日 2019.11.02
恋愛 完結 短編 R15
 ゲームで悪役令嬢と呼ばれているリンシア転生していた私だけど、転生したタイミングが追放されたばかりと、ゲームでも最後の場面なことに驚くしかなかった。  婚約破棄を受けて国外追放された私は、ゲームの救済措置として図書館に置かれている魔本を読み、隠し要素の力で聖女となる。  ゲームを追体験できないのは残念だけど、これから楽しく生きて行こうと聖女の力を使っていると、救済措置が必要な理由である隣の大陸に住む王子ヨハンとなぜか出会ってしまう。  聖女の力でヨハン殿下の呪いを解いたのはいいけれど、悪役令嬢リンシアの噂を知っているはずなのに、私はヨハン殿下に溺愛されることになっていた。
24hポイント 541pt
小説 1,674 位 / 68,061件 恋愛 802 位 / 17,435件
文字数 35,789 最終更新日 2019.11.21 登録日 2019.10.19
勇者以外女性にしたいという本心を隠し、自己主張がなくて暗いという理由でアランは勇者パーティから追い出されてしまう。 補助魔法は各能力を僅かに上げるも、時間制限があり重ねがけする必要があり、更に自己に使えないという欠点があった。 アランはスキルによって本来不可能な自己に補助魔法をかけることができ、それを応用することで補助の性能を向上することができていた。 理由が能力ではなく性格にあるのだから説明せず追い出されたアランは、魔王討伐は合っていなかったのだと自由に生きようとするも、補助というレベルではない補助魔法によって賢者だと崇められてしまう。
24hポイント 170pt
小説 4,246 位 / 68,061件 ファンタジー 1,114 位 / 20,643件
文字数 121,779 最終更新日 2019.11.13 登録日 2019.08.31
恋愛 完結 短編 R15
 魔法学園を首席で卒業すると言われていた侯爵令嬢ミーシャは、桁外れの強さから魔王の力があると判断されてしまう。  判断されてすぐにミーシャの処刑が決まり、誰もが手の平を返した状況から負の感情が目覚めた時、ミーシャは魔王の力が扱えるようになっていた。  ミーシャは魔王の力を国の為に使うことで処刑を取り下げてもらおうと進言するも、目覚めていた読心能力によって何を言っても処刑は揺るがないことを知ったミーシャは、国を捨てることを決意する。  そんな中――クラスメイトで唯一手の平を返さず優しくしてくれたロントが、魔王だとしてもミーシャを愛している本心を知り、ミーシャを脱獄させようと目論んでいたことを知る。  国よりもミーシャの方が大事だと考えてくれたロントに対して、ミーシャは「一緒に国を出ない?」と相談し――魔王と騎士になっていた。
24hポイント 355pt
小説 2,435 位 / 68,061件 恋愛 1,103 位 / 17,435件
文字数 42,575 最終更新日 2019.10.18 登録日 2019.09.23
恋愛 完結 短編 R15
15歳になると魔力が発生して魔法を学べるようになった瞬間、私は乙女ゲームの公爵令嬢に転生しているのだと理解した。 前世は悪役令嬢ジュリアで、このままいけばマルクト王子に国外追放されてしまうけれど、私はゲームの出来事を間近で見られる方が重要で、追放を覚悟しながら前世のように動こうとする。 動こうとしたけれど……悪役令嬢としてやり過ぎだと感じた部分を自重したり、そもそも私は嫌がらせをしたくないから別の方法でゲーム通りにいこうとしていた。 そのはずなのにマルクト王子は明らかに私を溺愛しているし、ヒロインのアリカは応援するって言いだして、私はなにがなんだか解らなくなっていた。
24hポイント 390pt
小説 2,223 位 / 68,061件 恋愛 1,027 位 / 17,435件
文字数 38,783 最終更新日 2019.08.07 登録日 2019.07.20
恋愛 完結 短編 R15
 魔力が高い者には稀にスキルという特殊な力が目覚め、それは報告する義務があった。  伯爵令嬢アイリスは神眼という見るだけでその人の力を知るスキルを手に入れて、レオンハルト殿下が獣人だと知る。  獣人は人間に忌み嫌われている存在であり、それを知ったアイリスは自分の家の没落を心配していた。  レオンハルト殿下がアイリスの家に訪れ、呪いで獣人になった事を伝え、獣人の自分を受け入れてくれたアイリスに好意を抱く。  神眼のスキルは神の力と呼ばれるほどであり、レオンハルト殿下はアイリスを聖女にし、婚約する事を宣言する。  家の没落がかかっていると思い込んだアイリスは聖女になり、レオンハルト殿下と婚約する事を決意した。
24hポイント 134pt
小説 4,815 位 / 68,061件 恋愛 2,008 位 / 17,435件
文字数 25,788 最終更新日 2019.07.15 登録日 2019.06.29
恋愛 完結 短編 R15
公爵令嬢ソフィアは「マーリンの方が好きだから」いう理由で王太子イグルド陛下に婚約破棄を言い渡される。 その瞬間、イグルド陛下の弟、第二王子ファルクスがいきなりソフィアに対して求婚してくるも、受け入れる事はできなかった。 それから数日後、人間不信となったソフィアが館に引きこもり、人間不信を治そうと毎日ファルクスが声をかけてくれる中、突如イグルド陛下がヨリを戻したいとやってきた。
24hポイント 85pt
小説 6,176 位 / 68,061件 恋愛 2,561 位 / 17,435件
文字数 27,392 最終更新日 2019.06.16 登録日 2019.06.08
 勇者候補の予定だった少年セルクは、16歳になった時に手に入るスキルが勇者に相応しくないと村から追放されてしまう。  その召喚スキルは女神が趣味で用意したスキルを間違えてセルクに与えたもので、スキルによってとてつもない力を宿した幼女がセルクの危機に現れる。  そんな事を知らないセルクは、何だか凄い美少女が現れたと思うも、普通に接する事で懐かれていた。  もう勇者にはなれないからほのぼのとスローライフを送ろうとしていたセルクだが、エルフを装った女神と出会い、様々な事に巻き込まれていく。
24hポイント 56pt
小説 7,695 位 / 68,061件 ファンタジー 1,812 位 / 20,643件
文字数 41,311 最終更新日 2019.05.05 登録日 2019.04.30
20