36 12
恋愛 連載中 長編
 伝説のスキル「テイマー」の力が目覚めた平民のノネットは、両親に売り飛ばされてしまう。  1頭限定で動物を国を守る神獣にまで育てることが可能なノネットは、城で神獣を育てながら暮らしていた。  育てた神獣は国を守る結界が張れるようになり、「役割を果たした平民は用済み」と国を追い出されることになってしまう。  平民の私が何を言っても生活を捨てたくない虚言にしかとられず、国を出た私の目の前に神獣がやって来る。  やっぱり神獣は国より私を選んだみたいだけど、これは忠告を聞かず追い出すことに決めた国王や王子、貴族達が悪い。  もし追い出されることになったら招待すると隣国の王子に言われていた言葉を思い出し、私は神獣と隣国に向かおうとしていた。
24hポイント 22,105pt
小説 111 位 / 87,549件 恋愛 75 位 / 23,780件
文字数 60,451 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.05.25
恋愛 連載中 短編
 私アリサの婚約者を妹アイリーンが奪って捨てた時から、両親に溺愛されていたアイリーンの行動は更に酷くなっていく。  何度も婚約しては破棄する妹の被害を私は受け続けて、ある日アイリーンが新しく婚約者にした子爵家のマルセルを、私に紹介すると言い出す。  話を聞くとどう考えても飽きて押しつけてきたと推測しながらも、私はマルセルと婚約することが決まり、幸せな日々を送っていた。  その後――国を守る精霊にマルセルが選ばれたことで、私と妹の立場が一変することとなっていた。
24hポイント 44,823pt
小説 56 位 / 87,549件 恋愛 44 位 / 23,780件
文字数 23,783 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.10.29
恋愛 連載中 短編
 子爵令嬢のラドミラは、希少スキルを数ヶ月以内に取得することが発覚する。  希少スキルの力で国は更に発展することになると、私はノルディガ国から期待されていた。  そして希少スキルを取得して――私のスキルは、錬金スキルと判明する。  名前は解るも効果が解らず錬金魔法を試してみるも、効果は不明のままだった。  期待していた貴族達や陛下は失望したようで、私は国外追放を言い渡される。  国外追放を受けた後――隣国で私は、スキルの力を使うことができるようになっていた。  スキルの力で様々な魔道具が進化を遂げて隣国が発展した結果――ノルディガ王は私を国に戻そうと動くも、絶対に戻りたくはなかった。
24hポイント 43,985pt
小説 57 位 / 87,549件 恋愛 45 位 / 23,780件
文字数 4,224 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.11.22
恋愛 連載中 短編
 子爵令嬢パトリシアは、カルスに婚約破棄を言い渡されていた。  激務だった私は婚約破棄になったことに内心喜びながら、家に帰っていた。  婚約破棄はカルスとカルスの家族だけで決めたらしく、他の人は何も知らない。  婚約破棄したことを報告すると大騒ぎになり、私の協力によって領地が繁栄していたことをカルスは知る。  翌日――カルスは謝罪して再び婚約して欲しいと頼み込んでくるけど、婚約する気はありません。
24hポイント 38,809pt
小説 70 位 / 87,549件 恋愛 55 位 / 23,780件
文字数 60,684 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.09.13
恋愛 連載中 短編
 公爵令嬢のライラは契約していた大狼が怖いと言われ、ディアス殿下に婚約破棄を受けてしまう。  そして新たな婚約者として侯爵令嬢のメラナーを選んだことで、私は婚約破棄の真相を知る。  数ヶ月後に国を守る神獣が選ばれる儀式があり、メラナーが契約していたペガサスが最有力候補だった。  その後、神獣を決める儀式が始まり――私の契約獣が神獣に決まる。  それを知ったディアス殿下が謝罪するも、私は許す気がなかった。
24hポイント 123,409pt
小説 8 位 / 87,549件 恋愛 7 位 / 23,780件
文字数 10,512 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.11.15
恋愛 完結 短編
 魔力が優れていた公爵令嬢の姉妹は、どちらかが次の聖女になることが決まっていた。  新たな聖女に妹のセローナが選ばれ、私シャロンは無能な姉だと貴族や王子達に蔑まれている。  傍に私が居たからこそセローナは活躍できているも、セローナは全て自分の手柄にしていた。  私の力によるものだとバレないよう、セローナは婚約者となった王子を利用して私を貶めてくる。  その結果――私は幽閉されることとなっていた。  幽閉されて数日後、ある魔道具が完成して、それによって真実が発覚する。  セローナが聖女に相応しくないと発覚するも、聖女の力を継承したから手遅れらしい。  幽閉しておいてセローナに協力して欲しいと私に貴族達が頼み始めるけど、協力する気は一切なかった。
24hポイント 6,595pt
小説 290 位 / 87,549件 恋愛 159 位 / 23,780件
文字数 49,322 最終更新日 2020.11.19 登録日 2020.09.23
恋愛 連載中 長編
未開の地である魔界を探索できる勇者パーティの聖女マーシアは、結界魔法しか使えないため雑用を押しつけられていた。 私は結界魔法しか使えないから仕方がないと割り切っているも、勇者ラークは新しい聖女を仲間にする。 結界魔法しか使えない聖女はいらないと言われた私は、パーティを抜けることを決意した。 唯一パーティで優しかった賢者アルフにそのことを話すと、一緒に魔界へ移住しないかと話を持ちかけてくる。 私が使う結界魔法は特別なようで、私はアルフと共に魔界に行くことに決めた。 それから勇者達は私が使っていた結界魔法の凄さを知ったみたいだけど、パーティを抜けた私には関係ありません。
24hポイント 1,228pt
小説 1,086 位 / 87,549件 恋愛 555 位 / 23,780件
文字数 105,790 最終更新日 2020.11.18 登録日 2020.04.11
恋愛 完結 短編
 私クリスの婚約者ルベロア殿下を妹クラナが奪ってくるも、それが魔法によるものだと知っていた。  邪魔だからルベロア殿下によって私を国外追放させることをクラナは企み、それを阻止するために動く。  ルベロア殿下に婚約破棄と国外追放を言い渡されるギリギリのタイミングで、私は問題を解決することに成功する。  その結果――どうやらルベロア殿下は私よりも別の女性が好きだったらしく「姉も許さない」と理由をつけて私に婚約破棄と国外追放を言い放つ。  禁止されていた魔法を使った妹に処罰を与え、私は国外追放になるも……私はかなりこの国に貢献していた。    こうなれば仕方がないと割り切った私は国から出て行き――殿下は後に後悔するようです。
24hポイント 4,352pt
小説 400 位 / 87,549件 恋愛 203 位 / 23,780件
文字数 20,917 最終更新日 2020.11.15 登録日 2020.10.23
恋愛 完結 短編
 私エレナは、3年間城で新たな聖女として暮らすも、突如「聖女は必要ない」と言われてしまう。  前の聖女の人は必死にルドロス国に加護を与えていたようで、私は魔力があるから問題なく加護を与えていた。  その違いから、「もう加護がなくても大丈夫だ」と思われたようで、私を追い出したいらしい。  森の中にある家で暮らしていた私は元の日常に戻り、国の異変を確認しながら過ごすことにする。  数日後――私の忠告通り、加護を失ったルドロス国は凶暴なモンスターによる被害を受け始める。  そして「助けてくれ」と城に居た人が何度も頼みに来るけど、私は動く気がなかった。
24hポイント 2,627pt
小説 592 位 / 87,549件 恋愛 313 位 / 23,780件
文字数 61,924 最終更新日 2020.11.02 登録日 2020.08.23
恋愛 完結 短編
 国の秘密を知ってしまった公爵令嬢フォリノは、ラダム殿下から婚約破棄と国外追放を言い渡されてしまう。  その後、妹のロノンが「お姉様の婚約者ラダム殿下、そして聖女の立場を奪いたかった」と言い出し、全てロノンの陰謀だと知る。  ロノンは私より聖女に相応しいと確信しているようだけど……私が聖女としての力をあまり使えなかったのは、この国を結界で守っていたからだ。  国外追放を言い渡された私は婚約者も聖女の立場も妹に奪われ、国を出ることにしていた。  ノースゼア国の聖女でなくなった以上、結界は解除する。  結界が消えるとノースゼア国は滅ぶしかないけど――それは新しい聖女ロノンが対処するべき問題だった。
24hポイント 1,228pt
小説 1,086 位 / 87,549件 恋愛 555 位 / 23,780件
文字数 42,300 最終更新日 2020.10.14 登録日 2020.08.28
恋愛 完結 短編
「冒険者と婚約したのは間違いだった! ローナ、お前との婚約を破棄する!!」  いきなりジウーラ国の王子ラグノアが私に婚約破棄を宣言するも、そもそも婚約していない。  依頼で護衛を数カ月していただけで、どうやら婚約していると噂になっていたらしい。  正気なのかラグノア殿下はそれを信じ込み、婚約を破棄して別の女性と婚約すると宣言した。  そして原因が全て私のせいだと言い出し、私はジウーラ国を追い出されることとなる。  私としては弟子のリオンに婚約者だったと嘘でも知られたくなかったから、これでいいと思っていた。  今回の件を冒険者ギルドに報告するとジウーラ国に対して激怒し、対応を変えるらしい。  その結果ジウーラ国は滅びそうになり、私に謝罪したいらしいけど――私は関わりたくもなかった。
24hポイント 773pt
小説 1,569 位 / 87,549件 恋愛 795 位 / 23,780件
文字数 46,373 最終更新日 2020.09.15 登録日 2020.07.25
 数年以内にスキルが目覚めると発覚した私リーリヤは、第三王子セルウィンの婚約者となっていた。  一年後、入手したスキルが「モンスター化」だと発覚し、私は亜人呼ばわりされて国外追放を言い渡されてしまう。  そして――オルノーア国に干渉できない呪いを受けて追い出された私の前に、セルウィン殿下が現れる。  どうやらスキルが発現した場合に起きる最悪の事態を想定して、セルウィン殿下は私が国外追放を受けた場合の準備をしていたらしい。  セルウィン殿下は国よりも私の方が大事だと言ってくれて、私達は2人で旅をすることにしていた。  モンスター化のスキルはとてつもない力を持っていて、私とセルウィンは様々な国を救っていく。  その後、オルノーア国に危機が迫っているも……オルノーア国に干渉できない呪いを受けている私は、助けることができなかった。
24hポイント 113pt
小説 6,168 位 / 87,549件 恋愛 2,790 位 / 23,780件
文字数 10,319 最終更新日 2020.09.12 登録日 2020.09.06
恋愛 完結 短編
 魔王を倒した勇者パーティの聖女ラミィは、報酬を3等分したくないからと報告の前にパーティを追い出されてしまう。  私の目的は魔王を倒すことだけなので、パーティ追放を受け入れることにしていた。  目的を果たしたから好きに生きようと冒険者になると、転生した魔王がマイルズと名乗り現れる。  魔王を倒しても世界は平和にならないと言われ、むしろ魔王は脅威を抑えていたと説明を受けていた。   その後、私とマイルズは冒険者としての日々を楽しんでいると、魔王を倒したことで世界に脅威が現れる。  どうやら勇者達は私を逃げたことにして大変な目に合っているらしいけど、パーティを抜けた私には関係がなかった。
24hポイント 220pt
小説 4,262 位 / 87,549件 恋愛 1,921 位 / 23,780件
文字数 15,489 最終更新日 2020.09.05 登録日 2020.08.19
恋愛 完結 短編
「メリル。期待させておいて解呪スキルなどという役に立たないスキルとはな! 今すぐにこの国から出て行け!」  男爵令嬢の私メリルは、数年に一人しか持てない希少スキルの素質があった。  それによってルドルフ殿下と婚約することまで話が進んでいるも……発現したスキルが解呪スキルと判明する。  呪いなんてものは存在しないとルドルフ殿下は失望して、私は国外追放を受けてしまう。  国外追放を受けた私は、解呪スキルの力が本当に実在しているのか試したくなっていた。  私は仮面王子と呼ばれているラノック殿下に会うことを決意して、ラノック殿下の元へ向かう。  その後ラノック殿下と出会い。仮面は呪魔法で外れないと言われた私が解呪スキルを使うと呪いが解けて、ラノック殿下の婚約者となる。  それから時が経って、解呪スキルの噂を知った大賢者が、ルドルフ達に協力すると話を持ち掛けたらしい。  大賢者は呪魔法の研究をしているようで、これ以上ないチャンスにルドルフ達は解呪スキルを持つメリルが居ると嘘をつきながら、私の捜索を始めたらしい。  その結果――私を発見できず大賢者は激怒するようだけど、それは偽装しようとしたルドルフ達が全て悪かった。
24hポイント 163pt
小説 5,091 位 / 87,549件 恋愛 2,264 位 / 23,780件
文字数 16,195 最終更新日 2020.08.23 登録日 2020.08.05
恋愛 完結 短編
 モルドーラ国には2人の聖女が居て、聖女の私シーファは先輩聖女サリナによって地味な見た目のままでいるよう命令されていた。  先輩に合わせるべきだと言われた私は力を抑えながら聖女活動をしていると、ある日国王に呼び出しを受けてしまう。  国王から「聖女は2人も必要ないようだ」と言われ、モルドーラ国は私を追い出すことに決めたらしい。   どうやらこれはサリナの計画通りのようで、私は国を出て住む場所を探そうとしていると、ゼスタと名乗る人に出会う。  ゼスタの提案を受けて聖女が居ない隣国の聖女になることを決めた私は、本来の見た目で本来の力を使うことを決意した。  その後、どうやら聖女を2人用意したのはモルドーラ国に危機が迫っていたからだと知るも、それに関しては残ったサリナがなんとかするでしょう。
24hポイント 1,050pt
小説 1,224 位 / 87,549件 恋愛 623 位 / 23,780件
文字数 51,912 最終更新日 2020.08.21 登録日 2020.06.25
恋愛 完結 短編
 聖女エリンは優秀な聖女とされているも、力の代償から感情を表情に出すことができなかった。  平和な世界で聖女はあまり活動していないこともあり、婚約者の第二王子ゲオルグはエリンと婚約したくなかった。  ゲオルグは無表情な聖女とは婚約したくないと言い、自分が婚約破棄をした事実を隠すため、エリンを隣国送りにすることに決める。  これから近い内に大災害が起こると忠告するも聞き入れてくれず、私は隣国に行くことを決意する。  隣国は私を受け入れてくれて、第三王子カイルと婚約が決まり、カイルは無表情でも好きだと言ってくれたことで、私は婚約を受け入れることができていた。  聖女として活動していると――平和を脅かす大災害が発生して、慌ててやって来たゲオルグが私に戻って来いと言い始めるも、私には関係ありません。
24hポイント 390pt
小説 2,642 位 / 87,549件 恋愛 1,276 位 / 23,780件
文字数 29,638 最終更新日 2020.08.18 登録日 2020.07.16
恋愛 完結 長編
公爵令嬢ミレイユは第二王子フルディと婚約することが決まるも、フルディは危険だった。 フルディは自分の兄を失墜させる為なら手段を選ばず、その手段に迫ってくる女性を使う。 それによってミレイユは周囲から魅力がないと噂されるも、それは我慢できた。 危機を助けて警告するも自分が正しいと言い張るフルディ、そしてフルディを奪うと妹が告げたことで、ミレイユは限界がくる。 妹に賛同している両親、今まで助けることで最悪の事態を回避していたフルディ殿下のことなんて、もう知らない。 フルディ殿下が危険だと知って1人で生きる準備していたミレイユは、国を捨てることを決意した。
24hポイント 951pt
小説 1,317 位 / 87,549件 恋愛 669 位 / 23,780件
文字数 80,106 最終更新日 2020.08.05 登録日 2020.05.12
恋愛 完結 短編
冒険者として生きていたジェシーは、城に呼び出され力を封印されてしまう。 どうやら私が回復魔法を使えるだけで、聖女を偽証していると思われたらしい。 聖女を偽証したと思い込んでいる国王は激怒し、力を封印したまま国外追放を命じてくる。 この封印は解いていいのか私は尋ねて、国王は「絶対に無理だから好きにしろ」と言ってきたから封印を解くと、本物の聖女だと騒ぎになっていた。 その後、掌を返されてこの国に居て欲しいと必死に頼まれるけど、それでも国から出て行きます。
24hポイント 269pt
小説 3,574 位 / 87,549件 恋愛 1,649 位 / 23,780件
文字数 17,024 最終更新日 2020.07.04 登録日 2020.06.13
恋愛 完結 長編
 隣の部屋の住人というだけで、女子高生2人が行った異世界転移の儀式に私、アカネは巻き込まれてしまう。  どうやら儀式は成功したみたいで、女子高生2人は聖女や賢者といったスキルを手に入れたらしい。  巻き込まれた私のスキルは「料理」スキルだけど、それは手順を省略して完璧な料理が作れる凄いスキルだった。  転生者で1人だけ立場が悪かった私は、こき使われることを恐れてスキルの力を隠しながら過ごしていた。  そうしていたら「お前は不要だ」と言われて城から追い出されたけど――こうなったらもう、異世界を満喫するしかないでしょう。
24hポイント 923pt
小説 1,348 位 / 87,549件 恋愛 685 位 / 23,780件
文字数 133,980 最終更新日 2020.07.02 登録日 2020.03.08
恋愛 完結 短編
 第一王子オルノスが「国に加護を与える聖女など存在しない。聖女ミリナは邪悪な魔女だ」と言い放ち、ミリナの処刑が決まってしまう。  処刑の理由は周辺のモンスターが狂暴化したことで、それはミリナの仕業だと疑われていた。  ミリナの騎士ケビンだけは邪悪な魔女だと認めず、処刑が始まる前に脱走を決行する。  国の加護を放棄した私は国を出てどこに向かうかケビンと話し合いながら異変を調べていると、モンスターが狂暴化した原因を知る。  どうやらがオルノスが悪魔と契約したからのようで、聖女を追い出せは更に力を与えると唆された結果、私を処刑しようとしていたらしい。  オルノスの末路を知るために私達は国から出ず、ケビンと森の中で生活していた。  私達の住む森は魔物が来ない聖域と呼ばれるようになり、オルノスは徐々に追い詰められていた。
24hポイント 255pt
小説 3,750 位 / 87,549件 恋愛 1,730 位 / 23,780件
文字数 18,701 最終更新日 2020.06.24 登録日 2020.06.04
36 12