婚約破棄の翌日に謝罪されるも、再び婚約する気はありません

 子爵令嬢パトリシアは、カルスに婚約破棄を言い渡されていた。

 激務だった私は婚約破棄になったことに内心喜びながら、家に帰っていた。

 婚約破棄はカルスとカルスの家族だけで決めたらしく、他の人は何も知らない。

 婚約破棄したことを報告すると大騒ぎになり、私の協力によって領地が繁栄していたことをカルスは知る。

 翌日――カルスは謝罪して再び婚約して欲しいと頼み込んでくるけど、婚約する気はありません。
24hポイント 1,249pt
小説 1,358 位 / 120,479件 恋愛 674 位 / 35,410件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

ゲーム内容知らないので、悪役令嬢役を放棄します!

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:823pt お気に入り:200

彼は運命の人

恋愛 / 完結 24h.ポイント:85pt お気に入り:2

【完結】どうしてわたくしを捨てたのですか?

恋愛 / 完結 24h.ポイント:32837pt お気に入り:724