【完結】真実の愛に生きるのならお好きにどうぞ、その代わり城からは出て行ってもらいます

私の名はイルク公爵家の長女アロンザ。

卒業パーティーで王太子のハインツ様に婚約破棄されましたわ。王太子の腕の中には愛くるしい容姿に華奢な体格の男爵令嬢のミア様の姿が。

国王と王妃にハインツ様が卒業パーティーでやらかしたことをなかったことにされ、無理やりハインツ様の正妃にさせられましたわ。

ミア様はハインツ様の側妃となり、二人の間には息子が生まれデールと名付けられました。

私はデールと養子縁組させられ、彼の後ろ盾になることを強要された。

結婚して十八年、ハインツ様とミア様とデールの尻拭いをさせられてきた。

十六歳になったデールが学園の進級パーティーで侯爵令嬢との婚約破棄を宣言し、男爵令嬢のペピンと婚約すると言い出した。

私の脳裏に十八年前の悪夢がよみがえる。

デールを呼び出し説教をすると「俺はペピンとの真実の愛に生きる!」と怒鳴られました。

この瞬間私の中で何かが切れましたわ。

「Copyright(C)2021-九頭竜坂まほろん」

表紙素材はあぐりりんこ様よりお借りしております。

他サイトにも投稿してます。

ざまぁ回には「ざまぁ」と明記してあります。

2022年1月4日HOTランキング35位、ありがとうございました!
24hポイント 411pt
小説 4,036 位 / 140,295件 恋愛 1,999 位 / 43,398件