アマツバメ

「もし叶うなら、私は夜になりたいな」
お天道様とケンカし、日傘で陽をさえぎりながら歩き、
雨粒を降らせながら生きる少女の秘密――。

雨が降る日のみ登校する小山内乙鳥(おさないつばめ)、
謎の多い彼女の秘密に迫る物語。

縦読みオススメです。
※本小説は2014年に制作したものの改訂版となります。

イラスト:雨季朋美様
24hポイント 0pt
小説 127,588 位 / 127,588件 青春 4,905 位 / 4,905件