学園のアイドルと同居することになりましたが・・・

「いいか恵、お父さんは、再婚する」

「いいよ」

お母さんが死んで既に10年が過ぎようとしている。俺が6歳のあの日にお母さんは事故で亡くなった。しかも、俺の目の前で・・・

「あぶない!!」

あの声だけが記憶に残っていた。そして、お父さんからの話に俺はうんと答えるしかなかった。

そして、翌日、俺の目の前に現れたのは、昨日振られたばかりの学園のアイドル水樹沙織だった。
24hポイント 21pt
小説 17,712 位 / 105,320件 恋愛 7,610 位 / 29,651件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!