素直になれなくて

 彼女に呼び出された神社の境内。

 私にはその気持ちが無くて、最初は驚いた。そして考えて、彼女だったからそれを受け入れた。
 彼女と同じ気持ちを抱けはしないけれど、決して嫌ではなかった。それも楽しそうだなと、そう思ったから。

 そして、その日々はとても楽しかった。それは日に日に私の中に降り積もっていき、気付けば私の方が彼女に依存していたのだろう。
 でも、私はそれに対してとても面倒臭い性格だったらしい。
 彼女へのそれが日増しに強くなっていく一方、逆に素直な気持ちを出せなくなっていった。ひねくれた返事しか返さない私に、困り顔をする彼女を見る機会も多くなった。

 だからだろう。この思い出の場所に呼び出されたのは……。

 優しい彼女のことだから、別れを告げるのにも伝え方を選んだのだろうと……。

----------------------------------------

大体5部程度で完結します。>完結しました。
24hポイント 7pt
小説 20,085 位 / 73,413件 恋愛 7,348 位 / 18,970件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

殿下、あなたが借金のカタに売った女が本物の聖女みたいですよ?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:170060pt お気に入り:2425

輝く青い瞳、薔薇の色をした唇

恋愛 / 完結 24h.ポイント:21pt お気に入り:16

殺し屋の娘は憧れた兵士になって愛されてます

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:21pt お気に入り:972

Lovers/Losers

恋愛 / 完結 24h.ポイント:28pt お気に入り:87

それだけは絶対にお断りします!

恋愛 / 完結 24h.ポイント:22996pt お気に入り:2738