リコリス・ラジアータの庭

金と銀の瞳をした美しいお嬢様だった。

 目を覚ますとそこは古くボロボロになった邸。その中心で佇む少女。首元に見覚えのある赤色が見える。


 執事として仕える「零」と、不思議な少女「律」

意識を失った10日間
途切れ途切れになった記憶
宝石の瞳 首元の赤
消えた力


彼岸花が咲き誇るこの世界で、赤色は不気味に輝いた。
24hポイント 0pt
小説 92,185 位 / 92,185件 ミステリー 2,149 位 / 2,149件