金の亡者は出て行けって、良いですけど私の物は全部持っていきますよ?え?国の財産がなくなる?それ元々私の物なんですが。

「出て行けスミス!お前のような金のことにしか興味のない女はもううんざりだ!」

 私、エヴァ・スミスはある日突然婚約者のモーケンにそう言い渡された。

「貴女のような金の亡者はこの国の恥です!」

 とかいう清廉な聖女サマが新しいお相手なら、まあ仕方ないので出ていくことにしました。

 なので、私の財産を全て持っていこうと思うのです。

 え?どのくらいあるかって?

 ──この国の全てです。この国の破綻した財政は全て私の個人資産で賄っていたので、彼らの着てる服、王宮のものも、教会のものも、所有権は私にあります。貸していただけです。

 とまあ、資産を持ってさっさと国を出て海を渡ると、なんと結婚相手を探している五人の王子から求婚されてしまいました。

 しきたりで、いち早く相応しい花嫁を捕まえたものが皇帝になるそうで。それで、私に。

 将来のリスクと今後のキャリアを考えても、帝国の王宮は魅力的……なのですが。

 どうやら五人のお相手は女性を殆ど相手したことないらしく……一体どう出てくるのか、全く予想がつきません。

 私自身経験豊富というわけでもないのですが、まあ、お手並み拝見といきましょうか?

 あ、なんか元いた王国は大変なことなってるらしいです、頑張って下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆

需要が有れば続きます。
24hポイント 35pt
小説 18,430 位 / 144,649件 恋愛 8,738 位 / 45,275件