銀杏鹿

銀杏鹿

ファンタジーは書きませんが、すべての話はファンタジーです。
10
恋愛 連載中 短編
「出て行けスミス!お前のような金のことにしか興味のない女はもううんざりだ!」  私、エヴァ・スミスはある日突然婚約者のモーケンにそう言い渡された。 「貴女のような金の亡者はこの国の恥です!」  とかいう清廉な聖女サマが新しいお相手なら、まあ仕方ないので出ていくことにしました。  なので、私の財産を全て持っていこうと思うのです。  え?どのくらいあるかって?  ──この国の全てです。この国の破綻した財政は全て私の個人資産で賄っていたので、彼らの着てる服、王宮のものも、教会のものも、所有権は私にあります。貸していただけです。  とまあ、資産を持ってさっさと国を出て海を渡ると、なんと結婚相手を探している五人の王子から求婚されてしまいました。  しきたりで、いち早く相応しい花嫁を捕まえたものが皇帝になるそうで。それで、私に。  将来のリスクと今後のキャリアを考えても、帝国の王宮は魅力的……なのですが。  どうやら五人のお相手は女性を殆ど相手したことないらしく……一体どう出てくるのか、全く予想がつきません。  私自身経験豊富というわけでもないのですが、まあ、お手並み拝見といきましょうか?  あ、なんか元いた王国は大変なことなってるらしいです、頑張って下さい。 ◆◆◆◆◆◆◆◆ 需要が有れば続きます。
24hポイント 71pt
小説 11,788 位 / 120,094件 恋愛 5,179 位 / 35,217件
文字数 18,506 最終更新日 2021.08.02 登録日 2021.07.17
恋愛 完結 ショートショート
「いいか!俺は!絶対に!婚約破棄はしない!」 婚約者のヒッツェシュライヤーはそんなことを言い出しました。 「お姉様!私!裏切りませんから!寝とったり!騙したりしませんから!本当に!」 妹のエカテリーナもそんな調子。 「マーシャ!許してくれ!お前を冷たく扱ったり、不当な扱いはもう二度としない!」 更にはお父様まで泣きながら駆け込んでくる始末。 皆さん曰く、前世の記憶が目覚めたらしいです。 「俺は佐藤タダオ!前職は営業!」 「私は鈴木ヒナ!家事手伝い!」 そして、お父様は。 「──フランシスコ・ザビエル、宣教師だ」   大変なことになってしまいました。 皆さん頭を打ったようです。 彼らは前世の知識で、婚約破棄された私が何をするか知っているから、殺されないように謝りに来たらしいですけど……? インターネットで見たとか言っていますが、それは一体何なんでしょうか?
24hポイント 7pt
小説 29,834 位 / 120,094件 恋愛 12,541 位 / 35,217件
文字数 5,547 最終更新日 2021.07.25 登録日 2021.07.25
俺は泣いた。人生がクソ過ぎて泣いた。 連続不眠労働記録が二週間目に差し掛かる頃、満身創痍の俺は一日の休みを与えられた。 俺には趣味はなく、理想も希望もなにもない。彼女いない歴=年齢。おまけに学歴もない。この現代日本において、俺は全くの無だった。いや、俺が現代日本だった。現代日本の闇だ。闇の化身だった。 現代日本が死にかけているように俺の人生もあっさり終わりそうになっていた。 そんな俺の帰り道に妙な女の子が泣いてて、助けようとしたら逆に助けられた挙げ句、自分のことをデラックス超肯定ロボットとか言いやがる。 疲れ過ぎて頭がおかしくなったのかと思ったがそうでもないらしい。 奴は俺を肯定して人生をより良くするのが使命らしいがそんなことで何か変わるのか──? ◆◆◆◆◆◆◆◆ 需要が有れば続きます
24hポイント 0pt
小説 120,094 位 / 120,094件 キャラ文芸 2,779 位 / 2,779件
文字数 11,251 最終更新日 2021.07.23 登録日 2021.07.17
恋愛 連載中 ショートショート
この国の美醜は逆転してる。 醜ければ醜いほど、この国の人間には美しく見える、それは見た目だけじゃなくて振る舞いも。 浮気をして子供こさえる王子、産むつもり浮気相手、子供が男ならそれに継がせるとか言い出す女王、しかも私が学園でいじめの主犯になってるし、王様は私を信じない。 父親は私の才能を認めないし、母親は私を育て間違えたとか言い出す始末、姉は私の研究成果を盗んだ挙句、特許申請して金持ちになるし、妹は親の愛情を一心に受けてその陰でやりたい放題、私に嫌がらせ三昧。 聖女は何人もいるのに仕事は私ばかりに押し付けられるし、寝る暇もないのに少し自動化したらサボってるって言われて増やされるし。 先輩の聖女サマは当たりばかり強くて全然仕事も何も出来ないのに偉そうだし、後輩は舐めた態度取ってくるし使えないし、覚えようともしない。 友達だと思ってた相手には突然見捨てられるし、助けてくれると思った男は詐欺師で金だけ持って消えるし。 生まれつき足が悪いから杖をついているだけなのに、歩いているとバカにされるし。 髪の色が白いとか、目の色が赤いとかで悪魔扱い。 背が低くて、見た目が若い頃から全然変わらないから化け物扱いされるし。 飼ってたペットは全然懐かないのに盗まれてそのあと盗んだ本人から金を請求されるし。 外に出ればすぐに天気が悪くなるし、頭も痛くなってくるし、かと思えば勝手に晴れて日光が攻撃してくる。誰の許しで晴れているんだと。 すぐに疲れるし、眠くなるし、お腹は空くし、歩いてると汗かいてくるし、なんかイライラしてくる、こんなに大変なのに、息も吸ったり吐いたりしないといけない。 私は気がついた、この国の全ては敵だと。 この国の万物が私に対する闘争を行なっているんだと。 とか思ってたら国外に追放されるし。 その先で渋いイケメンの皇帝に拾われて、しかも魔術の才能も認められるし、王女や王子と仲良くなって素敵な友達もできるし、聖女の力が解放されて足も治ってしかも人も治せるように、私の技術はこの国では特許申請されてないから、大金持ちになれちゃったし、盗まれたペットは私を追ってきてくれた上に実は凄い神獣だった。 でも、忙しいのは嫌なので、それはそれとして田舎で家庭料理店を開きながら、スローライフをしたいと思います!
24hポイント 56pt
小説 13,247 位 / 120,094件 恋愛 5,822 位 / 35,217件
文字数 4,822 最終更新日 2021.07.22 登録日 2021.07.17
恋愛 連載中 長編 R15
「聖女なんて迷信、もういらない」 「安心して下さい!婚約も破棄ですの!」 婚約者であるハインリヒは一方的に告げ、妹であるアンナは彼女を嘲笑った。   マナは第一王女かつ聖女ながら、宮殿の奥深くに幽閉され、会話も上手く出来ず、外の世界も知らないまま、一人孤独に聖女として勤めを果たしていた。 しかし聖女は迷信と言われ、帝国から追放されてしまう。 世話係だった騎士の青年と共に宮殿から脱出し、生まれて初めて自由と希望を知り、行方知れずの母親が向かったという、"海"を目指す。 一方、彼女が帝国に居たことで自分達が守られていたことは誰も知らず、帝国は破滅していく。 これは幸せを探し、愛を知る物語。 ◆◇◆◇◆◇◆◇ ◇の付く話は、マナ視点 ◆の付く話は、ヒーロー視点です。 何も付いていない場合はそれ以外になります。 ※のついた話は閲覧注意です。 この作品は『聖女は婚約破棄の上に追放されて、自由になりました。〜私は騎士と幸せを探しに行きますね〜』のリメイクになります。
24hポイント 42pt
小説 15,335 位 / 120,094件 恋愛 6,721 位 / 35,217件
文字数 88,273 最終更新日 2021.07.21 登録日 2021.06.24
ルチアは転生者で、自分がどうやって死ぬかを知っていた。 乙女ゲーとやらの悪役らしい。 妹である主人公の邪魔をして、どのルートを歩んでもなんやかんや死ぬらしい。 けれど設定があまりにも雑で、そこら辺テキトーなクソゲーだったとか。もっと言えばゲームだったのかどうかすら怪しかった。ネットで見た小説だったかも知れなかった。 始めのうちは真面目に死の運命から逃れようとしていたが、どう足掻いたところで生き残れないので、100回目の処刑を終えて復活したルチアは考えるのをやめて、好き勝手に生きる事にした……無論、どうあがいても処刑されて死ぬのは変わらないのだが。 ◆◆◆◆◆◆◆◆ ネタ切れになったので思いついたら更新します。
24hポイント 71pt
小説 11,839 位 / 120,094件 恋愛 5,184 位 / 35,217件
文字数 24,675 最終更新日 2021.07.21 登録日 2021.07.16
恋愛 完結 長編 R15
聖女であるクララは、真の聖女を名乗る娘によって、濡れ衣を着せられて、教会からは追放され、皇太子との婚約は一方的に破棄させられた上に投獄されてしまう。 牢獄で出会った獣人や異形達に支えられながら、聖女としては評価されなかった剣術と莫大な魔力、そして知性を武器に牢獄を脱出し、教会と帝国へ反旗を翻す。 全ては、自分から何もかもを奪った聖女に、何もかも知った上で裏切った皇太子に、そして自身を縛り付け、貶めた帝国と教会へ復讐するために。 ※恋愛要素は中盤から回収していきます ※この小説には暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています、ご注意下さい。
24hポイント 56pt
小説 13,247 位 / 120,094件 恋愛 5,822 位 / 35,217件
文字数 183,714 最終更新日 2020.11.26 登録日 2019.11.24
恋愛 完結 短編 R15
マナは第一王女かつ聖女ながら、婚約者と妹の企みで突然、婚約破棄され追放されてしまった。 世話係だった騎士に連れられ、宮殿を後にしたマナは幸か不幸か、生まれて初めて自由を手にする。 だが、誰も知らなかったのだ。 会話も上手くできず、"白痴の姫"と呼ばれ冷遇され、宮殿の奥深くで幽閉されていた彼女に、自分達が守られていたことを。 彼女が抑えていた神々が暴れ出し、破滅する国を他所に、マナ達は行方知れずの母親が向かったという、"海"を目指し空を駆ける。 ◆◇◆◇◆◇◆◇ ◇の付く話は、マナ視点 ◆の付く話は、ヒーロー視点です。 何も付いていない場合はそれ以外になります。 ※のついた話は閲覧注意です。 この作品の続きは下のリンクからリメイク版でどうぞ。変更点がかなりあるので最初から読むのをお勧めします。
24hポイント 49pt
小説 14,224 位 / 120,094件 恋愛 6,238 位 / 35,217件
文字数 87,451 最終更新日 2020.09.09 登録日 2020.08.16
恋愛 完結 短編 R15
次期皇后のアイリスは、婚約者である王に会うついでに驚かせようと、男に変装し近衛として近づく。 しかし、王が自分以外の者と結婚しようとしていると知り、怒りに震えた彼女は、男装を解かないまま、復讐しようと考える。 しかし、男装が完璧過ぎたのか、王の意中の相手やら、王弟殿下やら、その従者に目をつけられてしまい……
24hポイント 28pt
小説 18,841 位 / 120,094件 恋愛 8,058 位 / 35,217件
文字数 63,514 最終更新日 2020.03.22 登録日 2020.01.26
英雄の孫娘フーカは、自分の事を少し魔力が多いだけの普通の少女--と思い込んでいるが、周囲の評価は全くそうではなかった! 曰く、視線だけで人を廃人にできるとか。 曰く、教室の席に座るだけで教師が泣いて謝った、心臓発作を起こした教師も。 曰く、グッとガッツポーズしただけで、敵を始末できるとか。 曰く、王国で起きる犯罪の150%が彼女の配下によるもの。100%が判明しているもので、残り50%は余罪だとか。 そんなフーカは無自覚に事件を巻きおこし、いつのまにか「黒幕」だとか、「魔王」だとか呼ばれ、配下が勝手に増えていき…… これは勘違いで悪の親玉へと成り上がっていく物語のような何か。
24hポイント 21pt
小説 21,604 位 / 120,094件 ファンタジー 4,230 位 / 31,363件
文字数 276,935 最終更新日 2019.11.15 登録日 2019.07.05
10