元皇帝は平和な世の中にしたと思ったけどまだまだ悪者が潜んでいるので家出したついでに成敗致す

 息子に皇帝の座を譲り、自由気ままな引退生活を楽しむ筈だった元皇帝ライアン・ザルツ。

 しかし、彼を待っていた引退生活はそんな生易しいものでは無かった。

 息子には荷が重いからと大臣達が持って来る書類の山。そして、相談と称して仕事を押し付けようとする息子。そんな日々に、とうとうライアンはキレた。

「ふざけるな!! 俺は引退したんだ! これから旅に出る!」

 こうして、ライアンの諸国を漫遊する世直し旅が始まる。

※とりあえず短編にして公開しました。

※なろう様でも投稿しています。 
24hポイント 21pt
小説 11,628 位 / 57,416件 ファンタジー 3,054 位 / 18,818件