爵位の乗っ取りを計画していたはずが、何もかも失った男

王城で芋臭い女を見かけたルークは、訝しんだ末文官の同僚に聞いた。

魔法師団で魔法学を指南している学士の伯爵令嬢、シェスターニャ嬢。

結い上げてもいないぼさぼさの頭に大きな眼鏡をかけていて、ドレスではなく暗い色味のローブ。

(あんな女が伯爵令嬢?)

貴族の顔をすべて把握しているわけではないが、見たこともない顔だった。
本人が言うには田舎貴族らしく、良い歳をして社交界へのデビューもしていないと笑っていたそうだ。

探りを入れれば、魔法師団の中でもかなり立場は高いようだった。


使える…そう、思った。


※エロ描写なし
24h.ポイント 14pt
30
小説 30,605 位 / 187,182件 恋愛 13,143 位 / 56,731件