それについては冤罪ですが、私は確かに悪女です

貴族学園を卒業のその日。

卒業のパーティで主役の卒業生と在校生も参加し、楽しい宴となっていた。

そんな場を壊すように、王太子殿下が壇上で叫んだ。

「私は婚約を破棄する」と。

つらつらと論う、婚約者の悪事。
王太子の側でさめざめと泣くのは、どこぞの令嬢。

令嬢の言う悪事に覚えはない。

「お前は悪女だ!」

それは正解です。


※勢いだけ。

24hポイント 262pt
小説 4,464 位 / 125,421件 恋愛 1,938 位 / 35,873件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

ヴィラネス~悪役令嬢の矜持~

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:127006pt お気に入り:5456

いらない子の悪役令息はラスボスになる前に消えます

BL / 連載中 24h.ポイント:30057pt お気に入り:6660

愛され公爵令嬢は穏やかに微笑む

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:133836pt お気に入り:5540

リコピン@出荷前

エッセイ・ノンフィクション / 連載中 24h.ポイント:18389pt お気に入り:111

英雄様、婚約破棄なさるなら我々もこれにて失礼いたします。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:103199pt お気に入り:8849

【オレ版】追放された聖女ですが隣国で楽しくやってます

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:8478pt お気に入り:2980

ヒロインは巻き戻る

恋愛 / 完結 24h.ポイント:511pt お気に入り:122

嫌われ悪役令息は王子のベッドで前世を思い出す

BL / 連載中 24h.ポイント:13938pt お気に入り:4305