それについては冤罪ですが、私は確かに悪女です

貴族学園を卒業のその日。

卒業のパーティで主役の卒業生と在校生も参加し、楽しい宴となっていた。

そんな場を壊すように、王太子殿下が壇上で叫んだ。

「私は婚約を破棄する」と。

つらつらと論う、婚約者の悪事。
王太子の側でさめざめと泣くのは、どこぞの令嬢。

令嬢の言う悪事に覚えはない。

「お前は悪女だ!」

それは正解です。


※勢いだけ。

24hポイント 475pt
小説 3,457 位 / 128,154件 恋愛 1,799 位 / 38,107件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

元婚約者を抱くのは

恋愛 / 完結 24h.ポイント:482pt お気に入り:129

戦略的過保護のち溺愛

恋愛 / 完結 24h.ポイント:355pt お気に入り:5240

前世大賢者のつよかわ幼女、最強ちびっこ冒険者になる!

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:70156pt お気に入り:3674

お飾り妃になってしまいました

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:185588pt お気に入り:5632

悪役令嬢の生産ライフ

恋愛 / 完結 24h.ポイント:582pt お気に入り:5241

さぁ、反撃ですわ

恋愛 / 完結 24h.ポイント:1704pt お気に入り:2833

純粋令嬢と腹黒王子

恋愛 / 完結 24h.ポイント:369pt お気に入り:75