不機嫌な悪役令嬢〜王子は最強の悪役令嬢を溺愛する?〜

 乙女ゲームの貴族令嬢リリアーナに転生したわたしは、大きな屋敷の小さな部屋の中で窓のそばに腰掛けてため息ばかり。
 見目麗しく深窓の令嬢なんて噂されるほどには容姿が優れているらしいけど、わたしは知っている。
 これは主人公であるアリシアの物語。
 わたしはその当て馬にされるだけの、悪役令嬢リリアーナでしかない。
 窓の外を眺めて、次の転生は鳥になりたいと真剣に考えているの。

「つまらないわ」

 わたしはいつも不機嫌。
 どんなに努力しても運命が変えられないのなら、わたしがこの世界に転生した意味がない。
 あーあ、もうやめた。
 なにか他のことをしよう。お料理とか、お裁縫とか、魔法がある世界だからそれを勉強してもいいわ。
 このお屋敷にはなんでも揃っていますし、わたしには才能がありますもの。
 仕方がないので、ゲームのストーリーが始まるまで悪役令嬢らしく不機嫌に日々を過ごしましょう。

 __それもカイル王子に裏切られて婚約を破棄され、大きな屋敷も貴族の称号もすべてを失い終わりなのだけど。

 頑張ったことが全部無駄になるなんて、ほんとうにつまらないわ。


 の、はずだったのだけれど。
 アリシアが現れても、王子は彼女に興味がない様子。
 ストーリーがなかなか始まらない。
 これじゃ二人の仲を引き裂く悪役令嬢になれないわ。
 カイル王子、間違ってます。わたしはアリシアではないですよ。いつもツンとしている?
 それは当たり前です。貴方こそなぜわたしの家にやってくるのですか?
 わたしの料理が食べたい? そんなのアリシアに作らせればいいでしょう?
 毎日つくれ? ふざけるな。

 ……カイル王子、そろそろ帰ってくれません?
24hポイント 710pt
小説 1,721 位 / 84,659件 恋愛 878 位 / 22,540件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

隣の芝は青く見える、というけれど

恋愛 / 完結 24h.ポイント:7522pt お気に入り:3208

私が悪役令嬢をやめても、みんな本当に困らないの?と思いつつ、完全にやめてみた。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:4572pt お気に入り:2084

追放しなくて結構ですよ。自ら出ていきますので。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:109226pt お気に入り:9686