俺が異世界で勇者にならなくてはならなかった理由

ある夜ヘンなものが現れて、俺にすげーチート能力を授けた。最初はそのチート能力を楽しんだが、やがてその能力にとんでもない落とし穴があることに気付く。にっちもさっちもいかなくなって、俺はやむを得ず魔王討伐に向かうことにした。注:異世界に行くところまで書きません。ネタ見せ目的なので、ゲームや異世界の描写・説明がいい加減です。ちんまいは小さいという意味です(方言らしいのですが、使用しています)。小説家になろうさんでも公開しています(作者名を違うものにしています)
24hポイント 28pt
小説 5,493 位 / 29,600件 ファンタジー 2,074 位 / 10,719件
1 / 4

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

異世界転生して幻覚魔術師となった私のお仕事は、王子の不眠治療係です

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:1818pt お気に入り:497

秘密の聖女(?)異世界でパティスリーを始めます!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:29382pt お気に入り:3048

異世界から呼ばれた勇者はパーティから追放される

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:141158pt お気に入り:7810

レディプリンスとプリンセス王子

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:675pt お気に入り:22

次期魔王の教育係に任命された

BL / 連載中 24h.ポイント:10182pt お気に入り:799

不遇職に役立たずスキルと馬鹿にされましたが、実際はそれほど悪くはありません

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:87288pt お気に入り:1740

じゃあ勇者でお願いします。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:5404pt お気に入り:93

異世界転生騒動記

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:24715pt お気に入り:9502