臆病もの、ときに大胆になる。

石橋を叩いていいか、まず検索し、さすりながら、ぽんぽん猫パンチしながら、石橋を渡たる。突然、ふと思う。「あ、めんど」そこからは、猛ダッシュで渡りきってしまう。
それが、私だ。

これは、
臆病でネガティブで、面倒くさがりの私が、
どこまで明るく書けるかというエッセイ。



写真は、写真ACからリズム727さん。
24hポイント 0pt
小説 140,351 位 / 140,351件 エッセイ・ノンフィクション 4,933 位 / 4,933件