虚弱な兄と比べて蔑ろにして来たクセに、隣国へ婿入りするとなった途端親面してももう遅い

「わたしの家はね、兄上を中心に回っているんだ。ああ、いや。正確に言うと、兄上を中心にしたい母が回している、という感じかな?」

虚弱な兄上と健康なわたし。

明確になにが、誰が悪かったからこうなったというワケでもないと思うけど……様々な要因が積み重なって行った結果、気付けば我が家でのわたしの優先順位というのは、そこそこ低かった。

そんなある日、家族で出掛けたピクニックで忘れられたわたしは置き去りにされてしまう。
そして留学という体で隣国の親戚に預けられたわたしに、なんやかんや紆余曲折あって、勘違いされていた大切な女の子と幸せになるまでの話。

『愛しいねえ様がいなくなったと思ったら、勝手に婚約者が決められてたんですけどっ!?』の婚約者サイドの話。彼の家庭環境の問題で、『愛しいねえ様がいなくなったと思ったら、勝手に婚約者が決められてたんですけどっ!?』よりもシリアス多め。一応そっちを読んでなくても大丈夫にする予定です。

設定はふわっと。

※兄弟格差、毒親など、人に拠っては地雷有り。
※ほのぼのは6話目から。シリアスはちょっと……という方は、6話目から読むのもあり。
※勘違いとラブコメは後からやって来る。

※タイトルは変更するかもしれません。
24hポイント 4,566pt
小説 419 位 / 96,739件 恋愛 227 位 / 26,741件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

聞こえません、見えません、だから私をほっといてください。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:108523pt お気に入り:11619

(完結)私が神子? いつものように罵倒してくださらないのですか?

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:29656pt お気に入り:1915

王妃の仕事なんて知りません、今から逃げます!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:53742pt お気に入り:5538