渇望のレノ、祝福の朝

首都から遠く離れた静かな田舎町で、レノは唯一の診療所の医師として働いていた。かつての事情により、彼はもう過去を捨て孤独に生きる決意をして日々を送っていたが、ある雨の朝診療所の前に座り込んでいた、記憶喪失の男を拾う……。

ファンタジーBL、多少の体調不良描写があります。
24hポイント 0pt
小説 121,808 位 / 121,808件 BL 12,867 位 / 12,867件