推しの世界に転生した

俺はあまりにも残酷な運命に涙した。
別に俺が何かあったわけでない
じゃ誰かという推しである。
推しといってもアイドルだとかタレントではなく二次元のヒロインの推しだ。
その押しが残酷な運命になってしまったのでいつか幸せになってもらいたと思い神社に行ったんだ神様だったら作者の感情をコントロールできるかもしれないからな。
そして神社で推しの幸せを願った。
そして帰ろうとすると神様になぜか遭遇し神様と推しの幸せを約束し転生することになった。
絶対に推しを幸せにしてやるそんな男の物語である
24hポイント 0pt
小説 91,658 位 / 91,658件 ファンタジー 25,590 位 / 25,590件