あやかし屋敷の離れでスムージー屋さん始めました~生きていくにはビタミンが必要です~

 石段をあがった丘の上にある古びた屋敷──通称「青柳御殿」

 専門学校を卒業し、カフェで働いていた水瀬雫は、ある日突然、音信普通になっていた父方の祖父がのこしたというその屋敷を受け継ぐことになる。

 ところがそこは、あやかしたちの住む幽世へと繋がる不思議な場所だった。

 そこで待っていたのは雫を「許嫁」と呼ぶ仙狐の青年、柊をはじめとする個性ゆたかなあやかしたち。

「いまどき祖父の決めた許嫁だとかありえないから! しかもリアルで狐に嫁入りとか絶対無理!」

 断固拒否しようとした雫だが、帰る場所も他になく、新しく部屋を借りる元手もない。

 仕方なく同居を承諾した雫は、愛が重ための柊の束縛に悩まされながら屋敷の離れで「ビタミンCafe」を開業することにする。

 現代を舞台にした、ちょっと不思議な和風ファンタジーです。
 
24hポイント 0pt
小説 96,423 位 / 96,423件 キャラ文芸 2,703 位 / 2,703件